「発達障害は一生治らない」と決めつけず、試行錯誤する仲間の交流サイトです。ご自由にご活用ください!

旅のお部屋

遠くでも、近くでも。一人でも、家族とでも。旅はいつも発達援助であり、発達の成果でもあります。旅日記をどんどんアップしてください!

154 COMMENTS

こより

最近の次男のお出かけ。学校時代の友人や、会社の同僚と、スーパー銭湯やカラオケに出掛けています。

家に帰るのが必然的に遅くなり、田舎の終バスには間に合わないこともあります。友人に送ってもらったり、父親に迎えを頼んだり。

先日「お父さんに御馳走したいから」とスーパー銭湯そばのラーメン屋さんに誘ってくれました。

わが家からは結構距離がありますが、ドライブ好きな夫は機嫌よく運転。次男が行きたいのは「横綱」というお店でしたが、夫は勝手に脳内変換し「王将だな?」と言い出し、次男が慌てる場面も。

田舎の飲食店は8時9時で閉店も珍しくなく、夕食時間も早いのですが、街のお店ではピークはもっと後の時間。夫は空いた店内に不思議そうな顔でした。

「街のラーメン屋さんは、もっと遅くに一杯お客が来るんだよ」と次男は説明し、自分は常連だから、と言う顔でした。

私達が住む場所には飲食店自体が少ないですし、離れた場所のラーメン屋さんは、お酒のシメに来る人よりもランチや家族連れの食事の場です。

人の居る場所がだめで外食嫌いだった夫も、今はあちこちでかけられるようになりました。年末には行きたいお店があるそうで、「今度はOOに行くぞ」と息子達を誘っています。家族でのお出かけは、楽しいです。

返信する
たんぽぽ

子供達がある程度大きくなったらやりたいなと言っていた、「息子と1人ずつ旅をする」の企画を夫が実行しています。

初回は三男と。新幹線で函館に行きました。
お刺身大好きな三男に、ほたてといくらをたくさん食べさせてやりたいと計画。人力車に乗って赤レンガ倉庫を回ったり、朝市、イカ釣り、五稜郭、教会などなど訪れました。函館山は昼登ったら視界が悪かったので、夜またリベンジしたと。綺麗に見えて満足、と画像が送られてきました。

普段食べられない美味しい海の幸を堪能し、お尻をくっつけて人力車に揺られ、歴史好きのパパの薀蓄を聞き、夜はいびきに対抗するため頭から布団を被って寝て(笑)。普段は、宿題をやってなくて叱られるのが嫌で、パパが帰ってきた途端隠れる(←ジャックと豆の木みたいに)三男ですが、すごく楽しかったようです。

男同士の旅、次はどっちとどこに行こうかなと夫も楽しんでいます。

返信する
こより

先日、結婚33周年を迎えました。二人だけで出かけたい、と夫におねだりし、日帰り温泉旅行に行きました。田舎の温泉旅館。チェックアウトとチェックインの間の時間、昼食と休憩、温泉はご自由にどうぞ、というプランです。温泉のみで、周囲には観光名所もなく、平日とはいえ、お客は私達だけで、静かにのんびりできました。

夫と料理を楽しみ、和室でのんびり。料理をすべて平らげてから、夫が「何を食べたか手帳に書いておく」と言い出し、写真を撮っておくんだった、と気づきましたが後の祭り。座ったままで次々と出される料理を頂くのは気持ちのいいものです。

夫は支払いを済ませつつ、泊まりの値段を調べていました。夫は過敏なところがあり、自宅以外では眠ることができず、旅行が嫌いですが、宿泊料金を調べたということは、もしかしたら今度は一泊旅行ができるかもしれないなあ、と思いました。

結婚記念日、夫が今の職場に勤務した記念日、夫がある病気の治療をしたのも11月でした。様々な事を乗り越えてきたなあ、と嬉しい気持ちになりました。

今度は夫とお泊りができますように。夫もここ数年で、大きな進歩を遂げました。いくつになっても、人は発達するんだなあと改めて感じました。これからも、夫と楽しい日々を過ごしていこうと思います。

返信する
yasu

今日はすみっコ暮らしの映画を観てきました。

あの癒やし系のキャラクターはかわいいけれど、映画館では絶対寝るなと思っていましたが、つい先日大人男子も号泣する映画だとの情報が!
https://www.news-postseven.com/archives/20191123_1493391.html/2

上映されている館もさほど多くなかったらしいですが、人気があって上映期間が延長になったとか。延長が決まって直ぐにチケット予約しましたが席はあっという間に埋まってしまいましたね。ちょうどアナ雪2が封切りされたのと相まって、映画館は見たことがないような混雑ぶりでした(^^;

小学校低学年の女子を伴った親子連れが多かったですね。何回か盛り上がるツボがあるのですが、小学生女子のツボはよく理解できませんでした。

号泣・・・これも理解できなかったな(^^; そのような人は見かけませんでしたけど。

返信する
こより

体調はまずまずですが、なんとなく動きたくない日が続いていました。自分を振り返る日帰り旅行をしました。

行き先は、名古屋。いつもは大きな書店や東急ハンズに行きますが、懐かしい場所に行く事にしました。

昔、父と歩いた場所を記憶を辿って歩きました。駅の名前は覚えていても、細かい場所はわからないし、昭和の記憶は当てにはなりません。

でも、一日歩いて懐かしい場所にたどり着きました。喫茶店です。昔は喫茶店は「水商売」と言われ、子どもだけでは行ってはいけない場所でした。薄暗くて、たばこの煙が一杯の場所。

昭和の時代に父がつれていってくれた喫茶店にたどり着きました。何もかも変わっていたけれど、あの時食べたメニューは、まだありました。

名古屋の街が変わったように、私も変わり、これからも変わって行くのでしょう。

変わらないのは、思い出の中の父。今度は、夫や息子とここを訪ねて、懐かしの昭和の味を楽しみたいと思います。

思い出発掘ツアーで元気が出てきました。

返信する
たんぽぽ

週末に、焚き火が楽しめる郊外へ。
竹や木を切って、椅子を作りました。
座面は、最初ビニル袋を貼ってみたのですが座ってみたら木や竹のささくれが引っかかって破けてしまい。次に木や竹を丁寧に養生し、座面をタオルにしてみたら無事座れる椅子が完成しました。

あれこれ試行錯誤しながら工作、三男がすごく熱中します。
海でも山でもキャンプに行くと、何か拾ってきて黙々と作り出す。
遊び方で資質がわかるとはこのことだなと思います。

三脚椅子の要領でトライポッドも作り、ご飯を炊きました。お日様の下で食べるご飯は美味しかったです(^_^)
(写真は三男作の椅子と、私と三男合作のトライポッド。)

返信する

たんぽぽ にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


画像アップロード(PNG, JPG, JPEG)