「発達障害は一生治らない」と決めつけず、試行錯誤する仲間の交流サイトです。ご自由にご活用ください!

管理人よりメッセージ

管理人より日常の連絡事項と思いつき。
レスも歓迎します!

1,924 COMMENTS

浅見淳子

おはようございます。

おとといはお墓参りに。
夫が付き合ってくれたので父も喜んだことでしょう。
帰りにちょっとは湘南らしいことしようと鯵のなめろうを食べてきました。
それと大船で鯵の押しずしを買って帰ってきました。
海は暑くて行く気になりませんでした。

昨日は台風で一日閉じこもり。
仕事もちょこっとし、時節柄漫画化されていた「日本のいちばん長い日」上下を一気読み。
今も昔も終わらせるのが下手なジャパン。
あのときの陸軍の悪あがきを今は医療がしていますね。

さて今日は最近配信した二講座に関する感想をいただきましたので引用させていただきます。
直前お申し込みの読者の方から。

=====読者の方のメール引用

「治り方講座」「夏休み講座」お送りくださりありがとうございました。
とてもよかったです。ありがとうございました。〆切間際になってしまい、お手数をおかけしました。

「治る」という定義、理不尽なカテゴライズから自らを解き放ち自由を獲得することなのですね。
枠から自分で出ること・何物にも取り込まれないことこそがより良く生きることなのだと思いました。

花風社クラスタの皆様は、潔く清々しく枠から解放されようと日々治っていっています。
うちも、かつてはまっていた枠からすっかり抜け出し、今は毎日を謳歌しています。
それもこれも、花風社(浅見様)が一人一人の尊厳を守り生きやすさを獲得するために
最前線で闘ってきた経緯があるからこそだと、画面に映る数々の書籍を見て思いました。
世の中を変えるためには、理解のない人は置いていくことも必要だということや、
潔さと軽やかさと芯の強さを、これまでずっと見せていただいたことは、私自身が治る方向に舵を切れたことの大きな要因となっています。

愛甲さんのお話の「過去・現在・未来がつながる」ということ、まさに花風社のスタンスだなと思いました。
花風社の書籍はいつも、これまでの本で言っていたことがこの本でこうつながる、というのが出てきて、
一冊一冊が別物ではなく、ちゃんとつながっていて、自在に開けて取り出せる知見の豊富な引き出しのようになっていて、
そして読み終わると今後が楽しみになる本の数々です。書籍どうしの繋がりが、まさに健康な在り方を示しているんだなと思いました。

=====

ありがとうございます。
まさに治り方の近道が分かった花風社です。
そして愛甲さんが大久保さんの「夏休み活用講座」を視聴した感想をくださいました。

=====愛甲さんメール引用

大久保さんの講演を拝聴させていただきました。

① 先が見えない時代を生き抜ける子どもに育てる
② 三代にわたる物語の作成
③ 親自身の課題と向き合う

のお話が特に印象に残りました。

神経発達障害がベースにあって、愛着形成不全やPTSDなど「安心」が育ちづらい特性を持った子どもたちが、不透明な時代をたくましく生き抜いていけるようになるためには、治しやすいところから治していくことがまず必要です。
そのためにも、大久保さんがおっしゃっていた、無駄な遊びを見守ること、三代にわたる物語を作成すること、親自身が自らの課題と向き合うことが大切だと感じました。
「安心」が育っていくと、生きづらさがなくなっていきます。そうすると、未来への希望が抱けるようになりますので、最初に大久保さんがおっしゃっていた「発達障害が治った後どうしたいか?」が見えるようになります。
「安心」が育つことで、過去がフラッシュバックせずに思い出せるようになりますので、家族写真が大切なお守りへと変化していくことになります。

愛甲修子

=====

それと新刊「発達障害、治った自慢大会!」
たにしさんがプロモーションツアーをしてくださいました!

https://naosouhattatushogai.com/all/conference-room/489/comment-page-58/#comment-8841

とにかく「たにしさんのご紹介」の皆様がたくさん本を買ってくださりうれしい、と同時にたにしさんが社会人として信頼されているのがとてもよくわかります。

~~~~~

「発達障害、治った自慢大会!」の詳細・お申込みはこちらです。
目次もごらんになれます。
ミニクリアファイル付き花風社直販はこちら。

http://kafusha.com/products/detail/57

Amazonはこちらです。

https://www.amazon.co.jp/dp/4909100180

~~~~~

「治り方講座」8月16日まで
「夏休み活用講座」9月5日まで配信しています。

夏休み活用講座は夏休みの使い方だけではなく
「ポストコロナのリハビリと発達援助」について大久保さんが熱く語っている講座です。

どちらもお申込みはzoom☆kafusha.comにどうぞ(☆をアットマークに変えてください)。

ではでは皆様
楽しい休日を。

返信する
浅見淳子

おはようございます。

昨日も関東は暑い一日でした。
あまり出歩く気もしませんでしたが
皆さん海に山にいいことですね。

さて、ふと見ると花風社クラスタの皆さんが凡医をフルボッコしていました。

pocoさん。
本当に、凡医は現実に学ばないんだよね。

https://twitter.com/pocodaisuki/status/1557539536476835847?s=20&t=By4cRYmFhmzFCu-o6LBlRQ

智ママさん。
治るとラクなのはご本人ですからね。
そして智くんの場合、感覚過敏が治ったことで社会性を育むチャンスが生まれた。
詳しくは新刊をごらんください。

https://twitter.com/EAQ4rrDXUmCRTsN/status/1557278574222397442?s=20&t=By4cRYmFhmzFCu-o6LBlRQ

ちょこさん。
高校生(完治)と小学生の二人のお子さんを育ててきた身としては
ギョーカイの発達しなさに呆れかえるのですよね。

https://twitter.com/Chocola60633836/status/1557503538657624064?s=20&t=By4cRYmFhmzFCu-o6LBlRQ

yasuさん。
お勉強上手らしく責めていらっしゃいます。
OOのことも知らないのかな? みたいな。

https://twitter.com/yasufurosan/status/1557520296324009984?s=20&t=By4cRYmFhmzFCu-o6LBlRQ

サトマヨさん。
やはり診断が跡形もなくなってしまったおうち。
六歳までに治ってよかった例です。

https://twitter.com/satomayo_avenew/status/1557589566785486849?s=20&t=By4cRYmFhmzFCu-o6LBlRQ

そして私も参戦しました。

浅見。

https://twitter.com/asamijunko/status/1557672913666723840?s=20&t=By4cRYmFhmzFCu-o6LBlRQ

ここの「発達障害の世界」は「発達障害以外の世界」の言い間違いですね。
ともかく、医者が学校に出かけていて「ああせいこうせい」と言うことに対し教師の方からこういうリアクションが出てくるのは不思議でもなんでもないと思うのです。

https://twitter.com/asamijunko/status/1557676634404139008?s=20&t=By4cRYmFhmzFCu-o6LBlRQ

医者が職務放棄しているように見えるのですよね。
まだ医療だの教育だのの特殊な論理に染まっていない先生ならこう思うのが自然ではないでしょうか。
とくに医者はよくわかっていないようですが、こっちは国民皆保険で払うもの払っているのに仕事しないのだから腹が立つというものです。

そして当事者の方から。

https://twitter.com/series817/status/1557855315458392064?s=20&t=By4cRYmFhmzFCu-o6LBlRQ

配慮のある職場を増やすより治す研究をしてくれたら働ける場所が増える。その通りですね。

皆さんコロナ禍の初め頃
医療が「俺たちは病床増やさないけど飲食店閉じろ」みたいなこと言ったときに「ぽかーん」としたと思います。
おそらく「治せないけど特別な支援をしろ」と言われる学校現場には同じように「ぽか~ん」とする人がいると思います。
面従腹背して研修ではうんうんうなずいていて、でも実際には反発している現場もあるかもしれません。
理解など進むわけがないのです。
きっぱりとそれを認めましょう。

やはり治るが勝ち、ですね。

医療を過度にあてにしない人が治っています。

~~~~~

「発達障害、治った自慢大会!」の詳細・お申込みはこちらです。
目次もごらんになれます。
ミニクリアファイル付き花風社直販はこちら。

http://kafusha.com/products/detail/57

Amazonはこちらです。

https://www.amazon.co.jp/dp/4909100180

~~~~~

「治り方講座」8月16日まで
「夏休み活用講座」9月5日まで配信しています。

夏休み活用講座は夏休みの使い方だけではなく
「ポストコロナのリハビリと発達援助」について大久保さんが熱く語っている講座です。

どちらもお申込みはzoom☆kafusha.comにどうぞ(☆をアットマークに変えてください)。

ではでは皆様
楽しい休日を。

返信する

浅見淳子 へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


画像アップロード(PNG, JPG, JPEG)