「発達障害は一生治らない」と決めつけず、試行錯誤する仲間の交流サイトです。ご自由にご活用ください!

管理人よりメッセージ

管理人より日常の連絡事項と思いつき。
レスも歓迎します!

886 COMMENTS

浅見淳子

おはようございます。

先日木曜日、栗本さんのzoom講座で顎のレッスンを受けました。とてもリラックスしました。この講座、一回出たかったんですけど夜8時からで、緊急事態宣言下では私はとっくに寝ていたor眠い時間帯だったのです。月曜日、目のレッスンも受けますのでまたお会いできる方よろしくお願いいたします。ご興味のある方はあんじんのHPをみてくださいね。

https://karada-anjin.com/remote.html

さて、7月26日の「医者が教えてくれない発達の話」講座については本日中にMLでご案内申し上げるつもりです。今回ご要望がありましたので、当日受けられない方のためにも(あるいは当日受けられても復習したい人のためにも)講座後一週間視聴可能とします。お楽しみにお待ちくださいね。

7月25日に愛甲さんのカウンセリングをzoomで3枠行います。うち2枠は前回からの方で決まりました。1枠のみ空いています。ご興味のある方はお問い合わせください。

ではでは皆様
楽しい週末を。

返信する
浅見淳子

7月4日10:45です。愛甲さんのカウンセリングすべて枠が埋まりました。次回以降ご希望の方はメールくださるといいかもしれません。よろしくお願いいたします。

返信する
浅見淳子

おはようございます。

ちょこさんからのレポートが興味深い&微笑ましいです。
娘ちゃんたくましいなあ。
ちょこさんちはお兄ちゃんは治っちゃいましたけど、最初は支援級で大変だった。
でも娘ちゃんは上々の滑り出し。
その違いが「就学前の身体アプローチの有無」にあるとちょこさんはにらんでいらっしゃるわけですね。

https://naosouhattatushogai.com/all/conference-room/489/comment-page-30/#comment-5089

そういえば思い出したけど、ちょこさん娘さんは就学前の伸びも素晴らしく、いったんは支援級に決めたけどそのあとも伸びてしまって、ちょこさんとしては普通級の展開も考えたけどすでに学校がすでに体制を組んじゃっていて、数合わせ的に支援級スタートを学校から伏してお願いされたんですよね。先生たちの食い扶持とかにも関係してきて、学校はそのへん柔軟に対応できないけど、ちょこさんは考えたあげく交流たっぷり&転籍可能性開くを条件に一応籍を置いた支援級。ランドセル置き場になっているということで何よりです。

ところで数合わせといえば、新宿区は陽性反応が出ると10万円くれるらしく、売れないホストにとってはいいバイトですね。それと緊急事態宣言のあとコロナ患者の診療報酬が三倍になり、大きな病院では救急受付を発熱外来に置き換えて千客万来を待っているとか。青息吐息の病院に新しい商売チャンスが訪れたわけで。

相変わらず医は算術ですな。

空気感染が否定され、症状の出ている人でも五人に四人は感染させないことがわかり、無症状者が感染させる(かも)という話のわりには大規模に抗体検査してみると「そもそも流行ってなかったんじゃないか」とわかった。そして診断される方とする方の算術による無症状者狩り。

そこまでしても長引かせたいのはなぜなのか。
大騒ぎしてかっこがつかないからなのか。
誰のためなのか。
この茶番をじっと見守りたいと思います。

それと、金のために血眼になって探すという点では、だんだん発達障害に似てきました。
あと南の島でハブもっていくと役所が金くれるのにも似てますね。

医療が治せないのも同じですね。
医療は発達障害治せない。
そして無症状なものって、どうやって治るんだろう。
治すのは医療じゃなく身体の力じゃないの。

まあとにかく、またまた健康な人間が医療のもうけ主義により搾取されているのはたしかです。
金は決まったとおり払うからなるべく巻き込まないでくれ、という感じですかね。
怖い人は閉じこもっていればいいです。

ではでは皆様
楽しい1日を。

返信する
浅見淳子

こんばんは。
浅見淳子メッセージ更新です。
とりあえず速報です。

次回zoom講座
栗本さんによる
「医者が教えてくれない発達の話」(仮題)と決まりました。

7月26日(日)午後1時半からを予定しています。

もしかしたらリアル枠が設けられるかもしれませんが
設けられたとしても、数人に留まるとは思います。
ただしzoom講座は無限大に受け付けます。

よろしかったら予定に入れておいてくださいね。

詳細、お申込は後日発表します。

取り急ぎのお知らせでした。

ではでは皆様
楽しい夜を。

返信する
浅見淳子

こんにちは。
今日は朝からzoomでミーティング、そのあと業者さんが搬出作業に来られました。

コロナ禍で「必要なもの」「不要なもの」がわかりましたので色々模様替えをしています。
これは、企画もです。
朝もそのためのミーティングでした。

ところで

雑談のお部屋の智ママさんのコメント、

https://naosouhattatushogai.com/all/conference-room/489/comment-page-29/#comment-5061

そして花風社クラスタの皆様のTwitter等を見て思うことですが、支援級等での「他の保護者」「ギョーカイに洗脳された教員」との意識の齟齬がこれから花風社クラスタ的には問題になってくると思います。

他の人たちは「頑張らせない」。
それに対し花風社クラスタはお子さんの可能性をもっと信じているからです。

どうやってこの意識の差を埋めていくか?
というよりもどうやってその意識の差がある現場に絡め取られないか?

ということを真剣に考えた方がいいかもしれませんね。

基準になる本は廣木さんの本、座波さんの本、そして榎本さんの本ですね。

ご興味のある方、未読だったら読んでみてくださいね。

返信する
浅見淳子

おはようございます。

土曜日は愛甲さんのカウンセリングon zoomに立ち合い、四家族の方とお会いしました。この「どっとこむ」ができてから読者になった方々の治りっぷりは本当にすごいです。早い早い。鬼に金棒世代ですもんね。

自己紹介コーナーにぼんさんが来てくださいました。快進撃を続けていらっしゃるごようす。やはりきっかけは赤本(『自閉っ子、こういう風にできてます!』)です。あの本からやはりすべてが始まったのですよね。

https://naosouhattatushogai.com/all/55/comment-page-8/#comment-5078

特設コーナーに続々心のこもった書き込みをいただいていますが、卯月さんが花風社を選んでくださったのも赤本がきっかけです。

https://naosouhattatushogai.com/all/conference-room/784/

今回、直販の皆様には過去の自閉っ子通信をお送りしました。「神田橋先生も栗本さんも知らなかった頃の花風社がどれくらい治したいと願っていたか」の証です。そういう問題意識があって、そして縁がつながったのです。

それが今どっとこむになり、皆さんが治った自慢をしてくださったことで新しい人たちが入ってきて、文字通り就学前にどんどん治っています。

皆さんありがとうございます。

ではでは
楽しい一週間を。

返信する
浅見淳子

おはようございます。

昨日は海辺の会議室で気分を変えたテレワークをしました。
ここは法人契約したのでまた使えます。
そのうちもっと状況が落ち着いたら密にならないリアル講演+zoomみたいなこともやりたいと思います。

さて、『君はずっと一緒だった』の特設コーナーに続々書き込みをありがとうございます。
ブログで詳しく展開をしてくださっている方もいますが、あのコーナーは卯月さんご自身目を通されているかもしれないと思い、気づいたらリンクするようにしています。

卯月さんはご自分の体験を誰にも理解されないという経験をしてきました。
「きっと理解してくれる人はいます」というのが限定販売の理由でもあります。
そのとおりになってよかったなと思います。

それと今日は四家族の方が愛甲さんのzoomカウンセリングですね。
どうぞよろしくお願いいたします。

それでは皆様
楽しい週末を。

返信する
浅見淳子

おはようございます。

昨日ブログ更新しました。
「悪魔の集団」解散を祝して。

https://blog.goo.ne.jp/tabby222/e/059a6ca084df90aa878bdabfd15c4be9

ずいぶん心が軽くなりました。
心底嫌いだったんだと思います。彼らが。
あとはもう、私には関係のない話なので勝手にやっていてくれればいいです。

私は仕事に専念。

『君はずっと一緒だった』特設コーナーにメッセージをたくさんいただいています。
また、Keiさんやねこ母さんがていねいにブログを書いてくださっているので、ご紹介しています。
ここにリンクしておけば卯月さんがごらんになるかもしれない、と思いましたので。

https://naosouhattatushogai.com/all/conference-room/784/

発送の手配はすべて終わりました。
あとは現場の手順で
じきに全員のもとにお届けできるはずです。

皆さん、ありがとうございます。
感想続々お待ちしておりますね。

返信する
浅見淳子

こんにちは。

ねこ母さんが書いてくれた「君はずっと一緒だった」感想ブログ学校編。

https://blog.goo.ne.jp/annon-okiraku/e/1e1a4a6504daf9067ed460d6301771d6

あのパートは、何度読んでもつらいものでした。

そしてこういう学校の事なかれ主義の現状は、全然変わっていないと思います。
幼い頃から手術を繰り返した智くんのマスク問題に関し、ご近所の自粛派からの「まだ来ていないクレーム」を想定して親子に肉体的我慢を強いる学校の残虐かつ事なかれ体質。
私が繰り返し繰り返し、SSTを否定してきたのは教員たちが思い描く「ソーシャルスキル」が「奴隷教育」だからです。
教員が依って立つところの処世術は薄汚い。こそこそと他人の顔色を伺ってばかり。
世の中もっと信念を明らかにしたって生きていけるのです。

そもそも教師の頭と口の回転が悪すぎるから、地域のクレーマー対応がきちんとできず、子どもたちに負担がかかっているんじゃないですかね。

そして(ネタバレ注意)
卯月さんの息子さんが通っていた名門校はもしかしたら「体制整ってますよ」だったのかもしれない。
だって不登校の子をすぐにつなげる校医がいて、その校医は発達に詳しいらしく、梅ヶ丘につながりがあるのも自慢。SCもいて、そのSCは大学教授にして自助会を組織している。
ギョーカイ事情に詳しい私たちからみると、これだけえらそーなギョーカイ人が揃うとダメな役満だと思いますが、支援者が支援をするという誤解をしている層にとっては「支援体制が整っている」と見えたかもしれません。

ここで思い出したのは薬のお部屋のヨヨ子さんの書き込み。
重篤な薬の副作用が出たら医師に相談しろ、は決まり文句だと思います。
でもそれにも医療は有害対応しかできないこともあるんですね。

https://naosouhattatushogai.com/all/conference-room/494/comment-page-6/#comment-5010

自分の身は自分で守りましょう。
そのときに頼りになるのは自分の体感。
そしてその体感の判断を正しくするのが身体アプローチです。
まずは黄色本、風船ワークあたりから。

ではでは。

返信する
浅見淳子

おはようございます。

雑談のお部屋、ロンさんの問題提起から「普通」についてお話が進んでいますね。

https://naosouhattatushogai.com/all/conference-room/489/comment-page-29/#comment-5040

私自身はコメントにも書きましたが、発達障害の人が普通を目指す必要はないよね、って思っています。
でも意外と(少なくとも私の周囲の人たちは)「普通」を目指すのですよね。
そしてそのとき目指す「普通」って「定型になる」っていうより
「あたりまえにできるとされていることをできるだけできるようになる」だと思っています。
つまり個性は保たれたまま、できることが増える感じです。

あと、智ママさんとも大事な問題を話し合っています。

https://naosouhattatushogai.com/all/conference-room/489/comment-page-29/#comment-5036

この夏は、教育の硬直性、お役所仕事が子どもたちの間に被害を生むことを私は心配しています。
教育現場の皆さんにも過酷な状況が続きます。
これには声を上げてほしいと思って今後も色々リンクしていくつもりです。

あと昨日、『君はずっと一緒だった ~自閉症だった息子~』についてブログを一本書きました。
こういう経緯でした。

https://blog.goo.ne.jp/tabby222/e/f9bb69f76fd947f81ecc8fbdd6f53e7c

順次お手元に届くかと存じます。
著者へのメッセージも兼ねて、特設コーナーへの書き込みお待ちしております。

ではでは皆様
楽しい1日を。

あ、それと
学校と交渉したい人は
浅見の書いたKindleオリジナル本
『合理的配慮と発達保障』を読み返してみてね。
今あの本が必要だと思います。

よろしくお願いいたします。

返信する
浅見淳子

おはようございます。

花風社アラートは東京アラートより効果があったようです。
完売御礼に今回の裏話をブログにしました。

https://blog.goo.ne.jp/tabby222/e/23d4fe45d0c670c44e22d04edf45ca20

それと、

誰がなんと言おうとコロナ休暇は「(密を避ける努力はしつつも)戸外で遊ぶが勝ち」でしたね。
今回わかったのは、医療は健康な人の健康には興味がないということ。
病人しかみていないのだから当たり前かもしれませんが。
閉じこもっていたお子さんの中には骨折等のケガも増えているそうです。
8割おじさん(極悪人)がこの人たちの責任をとることはありません。

だから三ヶ月の休校期間も体力を維持しその年齢にふさわしく増進しないと。
それを本能的に気づいていたおうちではお子さんたちが伸びてます。

yasuさんのツイート

https://twitter.com/yasufurosan/status/1273970923557621760?s=20

たにしさんの「治ってよかった」話

https://naosouhattatushogai.com/all/conference-room/772/comment-page-2/#comment-5024

情報を収集して自分の頭で考えましょう。
何が正しいか。
自分と家族の健康は自分で守りましょう。

ではでは皆様
楽しい1日を。

返信する
浅見淳子

おはようございます。
「君はずっと一緒だった」
完売いたしました。
ありがとうございました。
順次発送していきます。
よろしくお願いいたします。

返信する

ねてまて へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


画像アップロード(PNG, JPG, JPEG)