「発達障害は一生治らない」と決めつけず、試行錯誤する仲間の交流サイトです。ご自由にご活用ください!

私の治った自慢

成人当事者の皆さん、グレーゾーンの皆さん

・前は悩んでいたこんなことが治ったよ
・こんなことに取り組んでみたら効果があったよ

というエピソードをどんどんお寄せください!

121 COMMENTS

shota

こんにちは。
野口整体の活元運動がなかなか良くて数日前から始めています。
ADHD傾向があるのか、あれこれ試してしまうのですが、
フィーリングが良くてここ数日は活元運動だけに絞って行なっています。
身体が脱力したり、筋肉の感覚を感じとっていれたり、まだ始めて数日なので、
何とも言えませんが、合っているかもしれません。
たまに揉みほぐしのお店に行って身体を整えてもらったりしますが、
マッサージ師の施術がぴったりはまると、体感が変わるんです。
身体のセンターがはっきりと分かって、地面から頭のてっぺんまで芯がピンと一本立つ感覚。
ボディイメージも感じ取れます。
身体へのアプローチってやっぱり大切ですね。
当たり前の事ではあるけれど、身体のコンディショニングが脳のコンディショニングに繋がる、
なんて昔は全く考えもつきませんでした。
脳機能は脳機能、体は体、と今思えば不可思議な認識を持っていたなって。

返信する
シア

最近、家族に「治ってきたんじゃないか?」と言われます。
具体的に、何がどう「治った!」疾病とか、疾患とか、障害とかにこだわらずに。
うちの親は、私が発達障害だから、自閉症だからって言うごとに、言っていたことがあります。
「でも、お前のそれは治るよ。」「治るものなんだよ。」って。
うちの母も、当事者でした。
だから、治った。
それが身体で、カラダでわかっていたから、私の治る発言にも、普通にうなづいて、何の抵抗もなく受け止めてますね。

返信する
こより

先日、介護保険の利用者証が届きました。ファイルに保管しましたが、以前はこういうものの管理ができず、受け取ってもどこに置いたかわからずに何日も探したあげくに再発行手続きをしていました。介護保険証、保険証、何度も再発行してもらい、「再交付」の赤印が大きく押されたものを使うのが常でした。

気付いたら、再発行手続きに走ることがなくなりました。今手元にあるのは、一度も再発行手続きをしていません。子どもの頃からずっと続いていた「不注意」と縁が切れました。

精神科で処方されていた薬を減薬・断薬したこと、日常の食事を見直して、高タンパク食に切り替えたことが良かったのだと思います。

なくし物が減り、快適な生活を送っています。うれしいです。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


画像アップロード(PNG, JPG, JPEG)