「発達障害は一生治らない」と決めつけず、試行錯誤する仲間の交流サイトです。ご自由にご活用ください!

雑談のお部屋

なんでも雑談コーナーです。
発達障害に関係あってもなくても可。
楽しくおしゃべりしましょう!

91 COMMENTS

yasu

先日は伊豆の海で泳ぎましたが、昨年はほんとうに海に入るのが楽しい、それが全てという感じでしたけど、今年はいろいろと行動に幅が出てきました。

海に入るのがメインではあったのですが、海岸で貝殻を拾ってみたり、砂山を作ってみたりと昨年は見られなかった行動がいくつもありました。こういうのが自発的に出てくるというのは発達しているなあと感じました(笑)。

返信する
浅見淳子

おはようございます。
最近早寝なんですけど、昨日は頑張って11時まで起きてました。
AstudioとかいうTBSの番組に出た稀勢の里を見ました!
眼福眼福!
情報くださったクラスタさん、ありがとうございます。
断髪式が楽しみ。
たぶん泣くけど。
断髪式レポを楽しみにしていてくださいね、皆さん!

返信する
ちょこ

今晩は!
連日ジャニーズのDVD見ながらヘラヘラ工作してる母です←
いまさっき、娘が自ら「呼吸器のポーズ」取り始めました!!←初めて!!!!
その後ブリッジし…ようとして腕グニャグニャで足しか上げられず断念!!
でもこれ、来たね。来ましたね。
「腕」と「呼吸器」
母がヘラヘラしているので、娘が自ら育てたい場所を、教えてくれました←

返信する
浅見淳子

ちょこさんこんばんは。
呼吸器のポーズ。
黄色本P45。
これ、定型発達の大人にはなんなくできるでしょ。
でも発達障害スペクトラムの大人の人は案外できないです。
今から育つといいですね。

返信する
ねてまて

本当に雑談です。
先週、東北の実家に帰省しました。
フェーン現象で、びっくりするくらいの暑さだったのですが、こども達は自宅にいるより、早寝早起きでした。不思議です。

A県では、なかなか寝ない子供に、ふるあじき(古小豆)と言います。今はネットで検索すると、すぐわかってしまうのですが、なんで?ですよね(笑)

返信する
浅見淳子

ねてまてさん
私は夏、子どものように早寝です。
遊ぶし。
今日は仕事の後筋トレ有酸素サウナ水風呂してきました。
今も必死に起きてる感じ。
そして加齢に伴う早期覚醒のせいか、結果的に早寝早起きです。

返信する
ねてまて

今、眠れたらいいな~、って夏の夜、ありますよね。
よい睡眠がとれそう🌠
運動、お風呂のあと、気持ち良さそうです!

返信する
シア

おはようございます。
「お仕事」の本が出ますね。
しかし、世界中で、将来の見通しが明るくない。
一体、このままでは、働けるはずの人も、働けないどころか、戦争に行くことになるかもしれないと、深刻に受け止め始めました。
あまり、暗い話も何ですが、辛気臭いとかそういう次元ではなくて、本気で多くの人が、手を携えて、将来のことを考えていかないと、大変なことになる。
「オペレーションおきざり」。
それも理解できます。
でも、世の中全体がおかしくなっているように思えます。
社会の自浄作用に期待したいところですが、各々、クラスタさんも、アクションを起こして行く。
これまで以上に情報を発信していかないと、まずいことになりませんか?
私は、恐怖麻痺反射で、あり得ない心配をしているのでしょうか?

返信する
浅見淳子

シアさん、おはようございます。
ありえない心配ではない。
でもそれに対してできることは多くありません。
私は発達障害の人たちをラクにしようと赤心から仕事をしてきた。
それがわかる人がここにいる。でもわからない人、本質に触れる努力すらせず切り取られた情報を振り回してかえって悪意を広める人たちもいる。
そういう人にもなんとかクラスタの皆さんはなぜ自分たちが花風社を支持しているのか説明しようとした。
それすら攻撃ととるのなら、彼らを治らない世界に置き去りにしてあげるのが親切。
そういう意味でのオペレーション置き去りです。
私はかつて発達障害の抱える諸問題として社会的養護等にも興味を持っていました。
でも話題のケーキの本も読む気がしません。
治っていく人の応援しか興味の対象にならなくなりました。
家庭に恵まれない人の問題は福祉がやればいい。
私は福祉の提供するもので満足できない人のための情報を提供します。
世の中分業です。
このへんはニキさんの「自閉っ子、えっちらおっちら世を渡る」を読んでください。

返信する
シア

「分業」で、頑張るしかない…。
それしかできないことはわかります。
しかし、今のところ、私は情報を発信することはやめるつもりはありません。
それで苦しいとか、苦しくないとかは、個人の判断。
私は、私の「分業」をします。
たとえ、それが指先だけでしかなくても、やがてそれを通じて募金もできるようになりました。
その事実しか、私には見えないです。

返信する
浅見淳子

治りたくない人の主体性を大事にしてきたからこそ「安心したまへ、君たちは治らない」と言ってきた。
でも彼らが私たちの主体性を蝕もうとする。
「治るな」「自分たちが認めるものしか試すな」と言う。
みんな同じことをしなければ気が済まない田舎者メンタル。
私はそれを知らなかったし、知った今ははっきりと拒否する。
ならば別々の道を行けばいい。
それがお互いの主体性を生き延びさせる近道。

私は彼らを説得しない。
五年十年みてきてその結果治った人たちがここでは喜んでいる。
その間、五歳の子が十歳になるまで1日も欠かさず花風社を罵倒し続け結果的に機能障害が現状維持がせいぜい、悪くなっている人もいる。
でもそれもすべて自分で決めたこと。
彼らは治ることを望まず、そしてその夢を叶えている。

一方で治りたい人が治って行っている。
全員ハッピー。

だからあと五年十年みたらどうなるか。
それを考えてます。
私が発達障害から離れてもこのサイトは残るだろうから。

返信する
シア

『治らなくても、命まで取らない。』

現実は違いました。

私には治る治らないは生きるか死ぬかと同義です。

私はそうやって生きてきました。

だから、生きるか死ぬかで考えてしまうのでしょう。

5年先10年先と社長は仰る。

明日生き残るため、今日しっかり生きる。

今日死んでも悔いが残らないよう、言いたいことを申しました。

社長がこの世界を離れても、ここは残る。。

それを聞けたので、私は十分納得できました。

失礼致しました。

返信する
浅見淳子

治る人、治したい人を増やしたいね。
その気持ちはシアさんと一緒。

でもそれは、治りたくないと涙目で毎日叫んでるツイッターのおバカさんたちを説得する方向ではないんだ。

生まれつきだから治らない!と叫ぶ治らない教徒と私たち、どっちがいいかを各家庭で主体的に選べばいいだけのこと。

あとは各家庭の自由。

それだけ。

返信する
浅見淳子

おはようございます。

漠然とですけど、南太平洋方面も行ってみたいなーと思います。
そして昨日FBを見てて思ったのですが、瀬戸内海も泳いだことないから泳いでみたいなーと思います。太平洋はもちろん日本海や東シナ海は泳いだ経験あり。
ところで東京オリンピックのトライアスロン会場が汚染されてるとか。
日本には美しい海が方々にあるのになんであんなとこでトライアスロンしなきゃいけないんでしょうね。

返信する
シア

おはようございます。
そうですね、おかしいですね。
海に入ることさえできない人がいると思えば、東京湾に入ることの危険性は、理解できると思います。
キレイ・汚い、それもそうですが、アスリートの健康や安全を無視しています。
競技にいい影響を与えると思えません。

返信する
たんぽぽ

小・中・高と3人の息子がいますが、年間を通して3人とも皆勤、もしくは誰かが冬に1日だけ風邪で休む程度、というパターンが定着しています。

3人とも、たま〜に風邪引きますが、ふとした暇なときに熱出して、次の予定までに治しています。
小学生は、数日前に発熱して、キャンプの前にはケロッと治り、今元気に参加中。
中学生は、ずーっと部活部活で、地区大会を無事勝ち抜いて今が久々のオフなのですが、昨夜から久しぶりに高熱で寝ています。
2人とも病院に行かなくていい、寝てれば治る、と言い水分摂ってスヤスヤ寝ます。
(もちろん子供の言い分を尊重するのみでなく、これなら病院はいいかなという私の判断のもと、家で療養です)
多分中学生も、次の登校日に照準合わせてあと1〜2日でケロッと治るだろうと思います。
風邪を引くのがうまくなってきた息子達です(笑)
でも私の夏休みは看病のリレー・・・3人とも小さい頃は、海とかプールとか沢とか行っていたのになあ。大きくなると、家にいる時間が少なくて、いるときは各自で羽休め。元気になると勝手にどっか行っちゃう。そんなもんになりつつあります。

返信する
浅見淳子

たんぽぽさん、ようこそ。
わかりますわかります。
私も体調不良は器用になんにもないときにやっておきます。
別に意識してじゃないんですけど、身体が勝手に調整する感じですかね。

でも三人いらっしゃるとお母様的にはずっと看病なんですね。
おつかれさまでございます。

返信する
たんぽぽ

ありがとうございます!
身体が時期を選ぶって、すごい特技ですよね(*^_^*)便利な身体になってきました。
私はりんごを擦るのみです 笑

返信する
シア

「氷川丸」病院船時代の資料です。
今の氷川丸からは、ちょっと想像ができない外観です。

返信する
シア

「三笠」を購入していただいた方が、コアな船舶模型ファンの方です。
老獪な眼力に叶うものか?それが少し、心もとないですが、挑戦ですね。
第二弾は、「宗谷」です。
古い南極観測船。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


画像アップロード(PNG, JPG, JPEG)