「発達障害は一生治らない」と決めつけず、試行錯誤する仲間の交流サイトです。ご自由にご活用ください!

管理人よりメッセージ

管理人より日常の連絡事項と思いつき。
レスも歓迎します!

2,123 COMMENTS

浅見淳子

おはようございます。

皆さんの職業観がどんどん寄せられています。
立場(本人か親か)。年齢層。様々な立場からですね。
就活のお部屋を読み、雑談のお部屋を読み、管理人メッセージにいただいたコメントも読んで、ちょっと頭の中を整理してみました。

まず「仕事では成果が問われる」のは当たり前のことだろうと思います。それは皆さん同意なさっていますね。
以前服巻智子先生と一緒に当事者の方々にインタビューしていた時は、まずこの大前提を(当時の)ASDの人が悟るのは大変だということがわかりました。
そもそも学校マインドからの書き換えが大変。
今はさすがにここを間違える人もさすがに減っているだろうと信じたいですが。
福祉の人だと書き換えられなくても、ブルーさんが利用したようなエージェント等の機関は書き換えられそう。
もちろん座波さんの本も書き換えられるでしょう。

あと「やりがいのある仕事」というのも漠然とした言いかたですよね。
自分の好きな仕事で食べられるようになったことを「やりがいがある」と呼ぶ人もいれば、別に好きなことの延長ではないけれど儲かるから&社会的地位が高いからやっていてそれなりに満足している、という人もやりがいを感じているでしょう。
また福祉職のように、とくに高給ではないけれど人の役に立っているというやりがいを感じている人もいて、やりがい自体様々なわけです。どのやりがいも間違っていない。本人がやりがいがあると思っていたらあるわけです。

これは何度か書いたと思いますが、私が社会人初期の頃(20代とか)悟ったのは、世の中には「別に好きな仕事ではないけれども食い扶持のためにこなす」ことができる人と、好きな仕事でなければやっていけない人、二種類いるということでした。
で、私は後者であることを強く自覚しました。
だからそれに沿ったキャリアパスを選んできました。

一方で「別に好きな仕事でないけれども食べるためにこなしている人」が決して不幸そうではないことにも気づいていました。
私がそういう境遇に置かれればとても不幸だと思うのですが、その人たちは不幸ではないのです。
そのかわりその人たちはアウトレットをたくさん持っていました。
アウトレットとは具体的に言うと趣味とか楽しみです。
たとえば音楽をきいたり、ライブに行ったり、バンドやオーケストラなどの方面もいます。カラオケもそうでしょう。

私には趣味が必要ありませんでした。仕事が趣味だったのです。仕事が趣味の人というのはあまり趣味が必要なくて、その結果音楽にもあまり親しみません。ドラマも連続しているのがめんどくさいのであまり追いませんし、舞台の何が面白いのか意味不明だし、映画館にすら行きません。
気晴らしはアウトドアでいいのではないでしょうか。安いし。

だから趣味マーケットといえば、仕事は仕事と割り切っている人たちのマーケットなんだと思ってきました。
今もマスクさせられてライブ行く人とか私には信じられないのですが、それが必要な人もいるんだろうなと思ってみています。

だから「やりがい」とはイコール「好きなことを仕事にする」ではないと思います。
好きじゃなくても得意なことが仕事になっていて、効率よく稼いで、余暇は好きなことをする人生もアリだと思いますね。
ただ私にはそれは無理でした。
無理じゃない人は割り切ればいいと思います。

成果基準の話ですが
他人が設定するものだという基本線は変わりません。
でも私なりに設定している成果基準とかはあって、それはやはり時空が自由な働き方を選べることで、それは若いころから目指してきて、テクノロジーにも助けられ、それが達成したままアラカンとなりました。

でもこれも重視しない人もいます。
病院で働く人などはそうなのだと思います。
私はできればお見舞いですら病院には近づきたくないですが、病院で働く人は誇りに思っているみたいですから。
本当にやりがいはそれぞれです。

私は時空が自由な働き方を目指してきて、手に入れて、たとえば今この世の中で仕事中マスクをしなくていいだけでも、私にとっては成果なのです。

そして33歳で独立するときは、もちろん多くの反対にあいましたが、それに屈していたら今頃マスクして仕事していたかもしれないので、それだけでも独立してよかったと思うくらい、時空と呼吸が自由なことは私にとって大事な問題です。
今マスクしなくていいかどうかは私にとって「成果基準」です。
全く一般的でない基準ですが、私にとっては大事なことです。
でも多くの人が仕事を続けるためにマスクをしていて、早く終わらないかなあと思っている人もいる反面、続いても構わないと思っている人もいると思います。
本当に人それぞれです。

さて、愛甲さんの質問会にお申込みでワンコインを付け足した入金を確認した方には「過敏性と恐怖心」の配信を送らせていただいております。
来ていなかったらご一報くださいね。
ご案内貼っておきます。

=====

愛甲さんに質問する会を開きます! その他

お世話になっております。花風社です。
お知らせが二件ございます。

1 「愛甲修子さんに質問する会」を開きます。
 毎年恒例の質問会、年明けに開きます。毎回好評です。質問してもしなくても参加可能です。「人生が変わった」という方もいるくらい深い学びが得られます。
 講師は、公認心理師・臨床心理士・言語聴覚士として臨床経験豊富な愛甲さん。最近は『発達障害、治った自慢大会!』のインタビュアーも務めてくださいました。
 質問の内容は自由です。発達の問題でも、親御さんのトラウマの問題でも、なんでもきいていい会です。毎年、知能検査の結果を読んでもらう方や、就学に際してのご相談などもあります。
 そして今年は、自分で簡単に行えるトラウマ処理法を画面を通じて、あるいは現地で、皆さんに教えていただけるといいなと思っています。

日時 1月22日13時半より2~3時間。
場所 オンライン&現地(横浜市港北区 10名限定・先着順 詳しい場所はご参加の方にお知らせします)
料金 3500円
後日配信予定

*お振込み額にワンコイン(500円)付け足すと浅見の読書会「過敏性と恐怖心」の配信(期限1月22日)もついてきます。過敏性と恐怖心に人生の邪魔をさせないため花風社が取り組んできたことをご紹介します。当配信ご希望の方は、4000円のお振込みをお願いいたします。

お申込みの方はzoom☆kafusha.comに(☆を@に変えてください)
「愛甲さん質問会希望」と書き
1 お名前
2 現地かオンラインか
3 メールアドレス
を明記の上メールをお願いいたします。
 ご質問受け付けは年内とさせていただきます。
 staff☆kafusha.com(☆を@に変えてください)にお送りください。
2 大好評療育整体講座「身体アプローチも発達する」1月5日まで配信中です。

ついに200名を超えた当講座。1月5日まで配信中ですので今からでも間に合います。料金は3500円ですが、ワンコイン(500円)付け足していただければ浅見の読書会(「過敏性と恐怖心」)の配信もついてきます。

お申込みの方はzoom☆kafusha.com(☆を@に変えてください)に
「療育整体講座希望」と書き
1 お名前
2 現地かオンラインか
3 メールアドレス
を明記の上メールをお願いいたします。

各地寒くなってきたようですが、皆様お体ご自愛くださいませ。

浅見淳子@花風社

=====

ではでは皆様
楽しい金曜日を。

返信する
浅見淳子

おはようございます。

昨日は一日雨だったので家で仕事していて、自転車も乗らなかったのでどうにか前半戦はみられました。元々W杯において日本代表にあまりこだわらないワタクシですが、どうせ負けるだろうと思って気楽に見ていた。

で、前半PKで一点取られて、ファウルかどうかはともかくあそこはキーパーとして当然のことをしただけのことなのでまあいいんじゃないのこのキーパー、とか思って眠くなって寝ました。

夫は起きていた。夫は現地情報手に入れているのか今回は日本に勝つチャンスがあるとか言っていた。で、録画しておいてくれたので今朝見ました。

あの状況でロスタイム7分とか、しかも最後にセットプレイ二つとか、リアタイしていた皆様お疲れさまでした。

昨日はまあ仕事だけの一日だったのですが、先日のプチ同窓会的ランチ会でひらめいたことがあったので雑談のお部屋に書いておきました。考えてみたら私が色々理解できないのは、自分が育った環境にあるかもしれない、と先日の会合で気づきました。

https://naosouhattatushogai.com/all/conference-room/489/comment-page-62/#comment-9386

その間にもシアさんとyasuさんが何か雑談のお部屋で仕事の話をしているし、就活のお部屋ではブルーさんと座波さんがお話をしている。なんか全く逆のこと言っているみたいだなあと思いながら、とりあえずはブルーさんたちの方を何度か読んでみました。

https://naosouhattatushogai.com/all/conference-room/1126/comment-page-2/#comment-9380

得意なことと好きなことは別、っていう話。そして得意なことは他人の方がよく見えたりする、っていう話。座波さんはその話をしている。

で、それに続く「成果基準で物をみるのが難しい」の件の理解が私には難しかった。
っていうか成果基準以上の何があるんだろう。判断基準として。

ただその成果基準が、私の場合にはフレキシブルです。
組織だとそうはいかないと思うけど。
でも成果基準のない仕事はあり得ないよね。

そしてたしかに、ブルーさんの言っている通り、むいている仕事って努力感が乏しいんですよね。なんだかできてしまうんです。

そして座波さんとの対話を経たブルーさんの独り言

=====ブルーさん引用

(独り言)

・・・座波さんとのやりとりをさせて頂いて、はっきりしたことがある。
やはり強みの問題ではなく、
成果基準の問題がデッドロックになっている。

私が過去、たくさんの方の強みを分析した際に、
自分のパフォーマンスの結果を
成果基準で観ている人は殆どいなかった。

=====

これにびっくりです。
繰り返しますが、成果基準以外のどういう判断材料が?

たとえば営業職の場合などはグラフで数字を表したりしますが(座波さんはそういうところをくぐりぬけてきた方ですが。詳しくは『発達障害でも働けますか?』をごらんくださいね)

http://kafusha.com/products/detail/51

私の場合には数字だけでなく、色々成果基準を持っていますが、成果基準以外の指数がわからないです。

わからないなりに

=====ブルーさん引用

これから先、いろいろと執筆をしていけば、
徐々に花風社の知見に連動する形で浮かび上がっていくだろう。

=====

ということなので楽しみにしていますね。

シアさんたちの方もよく読んでみます。

昨日は原書関係の仕事をしたのと、それと松島さんと有意義なやりとりがありました。
療育整体講座、1月5日まで見られます。
愛甲さんの質問会、受付中です。
貼っておきますね。

~~~~~

愛甲さんに質問する会を開きます! その他

お世話になっております。花風社です。
お知らせが二件ございます。

1 「愛甲修子さんに質問する会」を開きます。
 毎年恒例の質問会、年明けに開きます。毎回好評です。質問してもしなくても参加可能です。「人生が変わった」という方もいるくらい深い学びが得られます。
 講師は、公認心理師・臨床心理士・言語聴覚士として臨床経験豊富な愛甲さん。最近は『発達障害、治った自慢大会!』のインタビュアーも務めてくださいました。
 質問の内容は自由です。発達の問題でも、親御さんのトラウマの問題でも、なんでもきいていい会です。毎年、知能検査の結果を読んでもらう方や、就学に際してのご相談などもあります。
 そして今年は、自分で簡単に行えるトラウマ処理法を画面を通じて、あるいは現地で、皆さんに教えていただけるといいなと思っています。

日時 1月22日13時半より2~3時間。
場所 オンライン&現地(横浜市港北区 10名限定・先着順 詳しい場所はご参加の方にお知らせします)
料金 3500円
後日配信予定

*お振込み額にワンコイン(500円)付け足すと浅見の読書会「過敏性と恐怖心」の配信(期限1月22日)もついてきます。過敏性と恐怖心に人生の邪魔をさせないため花風社が取り組んできたことをご紹介します。当配信ご希望の方は、4000円のお振込みをお願いいたします。

お申込みの方はzoom☆kafusha.comに(☆を@に変えてください)
「愛甲さん質問会希望」と書き
1 お名前
2 現地かオンラインか
3 メールアドレス
を明記の上メールをお願いいたします。
 ご質問受け付けは年内とさせていただきます。
 staff☆kafusha.com(☆を@に変えてください)にお送りください。
2 大好評療育整体講座「身体アプローチも発達する」1月5日まで配信中です。

ついに200名を超えた当講座。1月5日まで配信中ですので今からでも間に合います。料金は3500円ですが、ワンコイン(500円)付け足していただければ浅見の読書会(「過敏性と恐怖心」)の配信もついてきます。

お申込みの方はzoom☆kafusha.com(☆を@に変えてください)に
「療育整体講座希望」と書き
1 お名前
2 現地かオンラインか
3 メールアドレス
を明記の上メールをお願いいたします。

各地寒くなってきたようですが、皆様お体ご自愛くださいませ。

浅見淳子@花風社

=====

ではでは皆様
楽しい一日を。

返信する
智ママ

浅見社長

仕事とは、その場にいようといなかろうと、相手があっての仕事であり、どんな仕事にも顧客がいて、同僚がいて、上司がいて、取締役がいて、多くがチームで仕事をしています。

おそらく脳の不具合(感覚処理に大きなエネルギーを割いているため、その他の能力開発にエネルギーが回らない)からくる、社会性の遅れは、一見、学校や大学にいるぶんにはさほど問題にはなりにくいのですが、社会に出て、その所属する組織の一員としてのふるまいも要求されるようになると、一気に対人系の弱点が露見して、会社の仕事についていけなくなる発達の当事者を、よく見かけます。

仕事は、業績が上がらないと、話になりません。
福祉の現場では「がんばったね」と途中までの頑張りを評価してくれることもあるかもしれませんが、会社などの働く現場では、業績が上がらない人は、いらない人リストに入って、肩たたきにあいます。

そこで、脳の不具合からくる興味の偏りを逆手にとって、強みとして活かそうとする、放課後デイサービスなどの支援者が多くいますが、多くは不発に終わります。
発達の人が、チームの一員として働くことを視野に入れきれないからです。
それでも、能力の高い人は会社が引き止めますが、そうでない人は契約更新に至りません。

現在の支援が全く「働く」につながらない理由と、現場で活躍できる人の理由を、観察して思ったのですが、当事者が、他者への理解度が低いと、かなりトラブルになりやすく、仕事の効率も上がってこないようです。

基本は、好きこそものの上手なれ+他者評価を自意識にも落とし込んで、成果を上げるツールとして活用する、ということではありますが、一方で「仕事とは何か、どのように取り組んで疑似仕事の訓練で、仕事感覚を磨いていけばいいか。」ということも、子どもに時期を見て少しずつ教えていかないといかんな。と新たに気づいたことでした。

多発奇形の息子を、あるがままのB型作業所で働かせるのではなく、障害枠就業で、もう少し何度の高い仕事ができるように案内するのは、とても骨が折れますが、これは少なくとも関西地域では前人未到領域でもあるので、できるだけ、息子に教えられることは教えていこうと思っています。

返信する
yasu

成果基準は、営業(数字ノルマばりばり)の対極にコンサルタントというお仕事がありますね。
コンサルって、依頼してくる人(クライアント)が何を求めているかもわかっていないこともあるので、まずはクライアントの依頼をきちんと言語化して明示してあげる、そこからが仕事というところがあります。大きな組織に勤めたことがある方はおわかりかと思いますが、企業のマネジメント会議で事業の部門長クラスが発表するのもこんな感じですね。

仕事に依りますが、成果基準はかなり曖昧で、仮に何らかの数値化ができたとしても時と場合で大きく変動するような、つかみ所の無い側面を持っています。だからこそ、何をしているかわからない人たちが食べていける(=仕事として成立し対価をもらえる)のかなとも思っています。

返信する
シア

こんにちは。
今日は捗りました。
それで思ったのが「俺はそうは思わない!」と頑固に持論を展開する必要なんてなかったんだと言うことです。
また「発達障害でも働けますか?」を読み返してみて「なるほどそうだよな・そう考えてみたらそうだよな」と思いました。(知性化を行わずに耳を傾けてみる)
概ね世の中で当てはまっていることなら「俺はそう思わねぇ」「例外もある!」と意味もなく反論する必要がまずないだろうなと思いました。

返信する
浅見淳子

おはようございます。

勤労感謝の日、休日です。
でも大学の授業はあるんですよ。フルに。
文科省のなんとかかんとかみたいです。
黙食とかは現場の勝手な判断でやっている、というのが文科省見解のようですが、大学のコマ数厳守はもっときついお達しのようですよ。
自分たちの学生時代を考えると
フシギな世の中になったもんだと思います。

ブルーさんの記事があって、昨日私がこの欄で取り入れて、そしてシアさんがコメントとかしてくれてますが、それを読んで思い出したことが実は愛甲さんです。
愛甲さんは出会った当時、大学の常勤職でした。
それを辞められました。
心理士の非常勤掛け持ちでやっていくというので、大学にいた方が安泰なのでは、と誰もが思うところですが、契約更新の少ないSC職等が途切れずに平日入っている状態です。
そりゃそうですよね。皆さんも学校にSCとして愛甲さんがいてくださったらどんなに助かるだろう、と思われると思うのですが。
だいたいSCって役に立たない方が多いですし。

まあ大学の常勤をやめるというとき、私も不思議に思って理由等をきいたのですが、健康上の理由でした。
といっても病気でやめるのではないのです。
病気にならないようやめるのです。
置かれた環境が体によくない、という判断だったようです。
その判断は正しかったようです。
今ではお忙しい中、お子さんたちともかかわりながら、元気にこのコロナ禍を乗り切っていらっしゃいます。
もともとは決して「頑丈」という方だったとは思いませんが、それこそ整体、トラウマ処理、神田橋先生、そして自分で自分の主体性が発揮できる環境を上手に選んできたことで、心身の健康を維持し、そして健康な方だからこそ人を治せるのですよね。
そして自分で治ってきたからこそ、「治る」と言い切れるそうです。
愛甲さんの「治る」という確信は、二人称でもあり、一人称でもあるのですね。

愛甲さんに質問する会のお知らせ、貼っておきますね。

*すでにお申込み&ご入金で「過敏性と恐怖心」のワンコイン読書会もお申込みの方、URLとパスワードをお送りしたつもりですので、来ていなかったらご連絡くださいね。

=====

愛甲さんに質問する会を開きます! その他

お世話になっております。花風社です。
お知らせが二件ございます。

1 「愛甲修子さんに質問する会」を開きます。
 毎年恒例の質問会、年明けに開きます。毎回好評です。質問してもしなくても参加可能です。「人生が変わった」という方もいるくらい深い学びが得られます。
 講師は、公認心理師・臨床心理士・言語聴覚士として臨床経験豊富な愛甲さん。最近は『発達障害、治った自慢大会!』のインタビュアーも務めてくださいました。
 質問の内容は自由です。発達の問題でも、親御さんのトラウマの問題でも、なんでもきいていい会です。毎年、知能検査の結果を読んでもらう方や、就学に際してのご相談などもあります。
 そして今年は、自分で簡単に行えるトラウマ処理法を画面を通じて、あるいは現地で、皆さんに教えていただけるといいなと思っています。

日時 1月22日13時半より2~3時間。
場所 オンライン&現地(横浜市港北区 10名限定・先着順 詳しい場所はご参加の方にお知らせします)
料金 3500円
後日配信予定

*お振込み額にワンコイン(500円)付け足すと浅見の読書会「過敏性と恐怖心」の配信(期限1月22日)もついてきます。過敏性と恐怖心に人生の邪魔をさせないため花風社が取り組んできたことをご紹介します。当配信ご希望の方は、4000円のお振込みをお願いいたします。

お申込みの方はzoom☆kafusha.comに(☆を@に変えてください)
「愛甲さん質問会希望」と書き
1 お名前
2 現地かオンラインか
3 メールアドレス
を明記の上メールをお願いいたします。
 ご質問受け付けは年内とさせていただきます。
 staff☆kafusha.com(☆を@に変えてください)にお送りください。
2 大好評療育整体講座「身体アプローチも発達する」1月5日まで配信中です。

ついに200名を超えた当講座。1月5日まで配信中ですので今からでも間に合います。料金は3500円ですが、ワンコイン(500円)付け足していただければ浅見の読書会(「過敏性と恐怖心」)の配信もついてきます。

お申込みの方はzoom☆kafusha.com(☆を@に変えてください)に
「療育整体講座希望」と書き
1 お名前
2 現地かオンラインか
3 メールアドレス
を明記の上メールをお願いいたします。

各地寒くなってきたようですが、皆様お体ご自愛くださいませ。

浅見淳子@花風社

=====

ではでは皆様
楽しい休日を。

返信する
シア

「○○要らない。」
なんてことはブラックな環境では普通に言われることでした。
「お前仕事できないから使えない。」と言う趣旨のことを何度言われたかしれません。
「○○要らない。」と言うか「新人は仕事の邪魔だから新聞でも読んでいろ」と言う環境は普通にあります。
首にされないでつながれているのは「将来の大物」にきたいするからです。
確かに要る・要らないは他人が決めることですがそこでくらいついていくガッツが求められてきます。
飽き性の人は…と言うかものごとおおざっぱであっさりした人でも「それじゃこんなところ辞めてやる」ではいつまで経っても一人前にはなれないと思います。
私は空気が読めないし言葉通りの受け答えを大事にしてしまう嫌いがありますがこの「嫌なら辞めろ」とか「お前使えない」とか「新人は仕事の邪魔」は本気にはしませんでした。
それを本気にするなと教わってその通りでしたからこれは私の経験からきています。
はじめはできないのが当たり前で新人とか平社員が「俺は一通り仕事ができる」なんて言うのは生意気なことです。
管理職になってから仕事って大変だなとか統括する人って大変なんだなと思うようですよ。
そして自分で何かをやろうとしてくらいついていかないと明かりが見えないから「周りがお前要らないと言っても首を言い渡されるまで本気にしない」ことも肝要です。
あんまりあんまりどうしても向いていないと思ったらその時は自分から辞めてやろうと言う気持ちで(私は)やってきています。

返信する
シア

社長にレスしようとして場所が間違ってました。
あと日本にもたくさん会社があって年功序列で続けることが肝要と言うところもあれば人材が流動的で数年で大半の人が入れ替わってしまう会社も現在はあるようです。
だから「ここで仕事を覚えたら独立しよう」とか「ここで経験を積んで次の仕事につなげよう」とか「実は作家志望だが社会人経験を積んで将来小説のネタにしたい」と言うような人もいます。
いつまでここで働くつもり?と真顔で言われてしまう季節労働も経験しました。
来月は仕事薄いから他の会社も当たってみてね~みたいな。
最近の私の乏しい経験からも日本は変わったなと思います。

返信する
浅見淳子

シアさん

要らないと言われて、しがみつくのは自由だけど、だとしたら要る人材だと思われるような努力もしなくちゃいけないね・

返信する
yasu

日本だと新人が仕事ができないのは当たり前というのはありますが、そのような状態で「お前使えない」と言うのは、言う方が壊れてますね(^^; まぁ職種や分野に依るところもありますが。

まずは、「自分はできます」と言って仕事を取って、仕事が取れたら必死に勉強してできるようにするという手もありますね。堀江貴文ことホリエモンがこのタイプですけど、これは「必死で勉強して成果が出せない奴は不要」という前提です。

返信する
シア

「お前が頑張ったかどうかは関係ないんだよ。」
結果が出なくても頑張りました…と言い訳をされたら思わずそう言ってしまうかもしれません。
それは結果が出なかったときはそうです。
ここで疑問なんですが手抜きをしても頑張っても結果が変わらないようなことってあるのかなと思います。
「頑張って結果を出す。」
のはまっとうなのではないのかな。

返信する
yasu

頑張りに対して、それは関係ないと面と向かって言う人は、まぁ非常に少ないだろうとは思いますけどね。少なくとも私は見たことないです。ただ苦労して結果が芳しくない時には人事評価が良いこともないかなと、学校で言えば頑張ってもテストで点が取れなければ5段階の3以上が付くことはない、と言ったところでしょうかね。

頑張った結果、4以上の成績がもらえるのであれば、それは本人に人並み以上の能力があるということになります。

返信する
浅見淳子

おはようございます。

昨日はゆで卵に開眼しました(おおげさ)。いや、みんな知っていたのかもしれないけど、ゆで卵はお湯を湧かす必要がなく、少量の水でふかせばいいとネットで読んでいたので半信半疑でやってみたら上手にできました。しかもむきやすかった。これなら一個でもできます。っていうわけで今朝はオムレツではなくゆで卵を出して夫にぽかんとされたのですが開眼したのだからしばらくブームは続きそうです。

それから二種類の仕事をして、療育整体について色々質問が出てきたので松島さんにきこうと思ってメモしたり、夕方はライドに行きました。いつもの道。地図アプリをダウンロードして測ったら15キロ弱らしく、ロードバイクにとっては距離とも言えない距離だけどまあコツコツお稽古をして体をマシンに慣れさせているのです。

自転車は心地よい疲れを連れてくるので、とにかく早く寝るんですよね。そして起きたらサッカーやっていたけどあまり見ることなく仕事を二種類やっていました。

そしてブルーさんが更新してくださっているのに気づいた。

https://naosouhattatushogai.com/all/conference-room/1126/comment-page-2/#comment-9372

オープンポジションという便利なシステムがあるのか。またブルーさんにいいことを教えてもらったよ。そしてここはもう激しく同意でした。

■強みと居場所は他人が見出す

ほんと、これ。ほんと、これ。大事なことだから二度言いました。ここをカンチガイしてはいけないのね。

我々自営業者は勝手にオープンポジションを設けてそこに自分が就職し、リスクも自分がとる、という仕事なんだけどじゃあそれが続くかどうかは他人である皆さんが決めているわけです。つまり市場が決めている。

皆さんが「浅見要らない」と言ったら退場する、それだけ。

だから私は小田原の大先生みたいに「今月をもって金魚体操の指導は終わり」とかそういうのがわかんないわけ。それは自分が決めることじゃない。他人が決めることなの。

小田原の大先生を評してある方が「たまたま、たまたま発達の世界にあの方向性の人がいなかったから売れた」と鋭い分析をしましたが、これは私の方が「なるほど」と思いました。

で、実はブルーさんも指摘するとおり、西洋医学の建付けは発達障害の問題を解決するのにむいていなくて、当事者的には慢性の症状を緩和する東洋医学方面の使い勝手がいいのだけど、ギョーカイは治す気がないからそっちにはむかなかった。

ところが花風社が天真爛漫に治るといいなとやっているうちに神田橋先生と出会い、トンデモとか呼ばれながらどんどん治すのをみて「もしかして東洋医学知見役に立つ?」と思っていたところに出会ったのが小田原の大先生。

そしてそういう方面の人が他にいなかった。つまり彼の強みも彼が発見したものじゃないね。

でも彼の知見は皆さんの役に立って「ギョーカイこういうのやらないけどこれ治るじゃん」ということになって、そして療育整体登場。

花風社方面で最初から療育整体に皆さんが信頼を置いたのは、実は栗本さんの実績でもあるんですよね。

まあこの話は松島さんにもしたけど。

ブルーさんも特殊能力を会社に見出され、それで正社員化、手帳返上という流れのようだけど、なぜ会社が見出したかというとニーズと経験があるからなのですね。

可能性は他人に見出されるものだ、ということは理解していた方がよさそうです。

さて、本日も
愛甲さんに質問する会お知らせ貼っておきます。
現地は残席2です。
オンラインは沢山入れます。
ご質問は先着順に受け付けます。
なんでもきいていい会です。
よろしくお願いいたします。

=====

愛甲さんに質問する会を開きます! その他

お世話になっております。花風社です。
お知らせが二件ございます。

1 「愛甲修子さんに質問する会」を開きます。
 毎年恒例の質問会、年明けに開きます。毎回好評です。質問してもしなくても参加可能です。「人生が変わった」という方もいるくらい深い学びが得られます。
 講師は、公認心理師・臨床心理士・言語聴覚士として臨床経験豊富な愛甲さん。最近は『発達障害、治った自慢大会!』のインタビュアーも務めてくださいました。
 質問の内容は自由です。発達の問題でも、親御さんのトラウマの問題でも、なんでもきいていい会です。毎年、知能検査の結果を読んでもらう方や、就学に際してのご相談などもあります。
 そして今年は、自分で簡単に行えるトラウマ処理法を画面を通じて、あるいは現地で、皆さんに教えていただけるといいなと思っています。

日時 1月22日13時半より2~3時間。
場所 オンライン&現地(横浜市港北区 10名限定・先着順 詳しい場所はご参加の方にお知らせします)
料金 3500円
後日配信予定

*お振込み額にワンコイン(500円)付け足すと浅見の読書会「過敏性と恐怖心」の配信(期限1月22日)もついてきます。過敏性と恐怖心に人生の邪魔をさせないため花風社が取り組んできたことをご紹介します。当配信ご希望の方は、4000円のお振込みをお願いいたします。

お申込みの方はzoom☆kafusha.comに(☆を@に変えてください)
「愛甲さん質問会希望」と書き
1 お名前
2 現地かオンラインか
3 メールアドレス
を明記の上メールをお願いいたします。
 ご質問受け付けは年内とさせていただきます。
 staff☆kafusha.com(☆を@に変えてください)にお送りください。
2 大好評療育整体講座「身体アプローチも発達する」1月5日まで配信中です。

ついに200名を超えた当講座。1月5日まで配信中ですので今からでも間に合います。料金は3500円ですが、ワンコイン(500円)付け足していただければ浅見の読書会(「過敏性と恐怖心」)の配信もついてきます。

お申込みの方はzoom☆kafusha.com(☆を@に変えてください)に
「療育整体講座希望」と書き
1 お名前
2 現地かオンラインか
3 メールアドレス
を明記の上メールをお願いいたします。

各地寒くなってきたようですが、皆様お体ご自愛くださいませ。

浅見淳子@花風社

=====

ではでは皆様
楽しい一日を。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


画像アップロード(PNG, JPG, JPEG)