「発達障害は一生治らない」と決めつけず、試行錯誤する仲間の交流サイトです。ご自由にご活用ください!

管理人よりメッセージ

管理人より日常の連絡事項と思いつき。
レスも歓迎します!

1,000 COMMENTS

浅見淳子

おはようございます。

金曜日、駅で「じゅんこちゃん!」と呼びかけられました。呼びかけ主はマスクしていても見間違うことのない従妹でした。小さい頃から見慣れた顔です。あちら的には99パーセントマスク民の中で私を探すのは難しくなかったでしょうね。

気になっていたことがありました。この従妹のお兄さん、私の従兄がこのご時世に飲食店を多店舗展開しているのです。様子をきいたら厳しい中でなんとか頑張っていると言うこと。早速土曜日行くことにしました。

が、考えてみたら母は85歳です。85歳の人を今飲み屋に連れて行くのはどうなんだろう。と思ってテイクアウトにしました。一万五千円分串焼きを包んでもらいました。

取りに行った店内は賑わっていて、みんな楽しそうでした。ただし換気がすごく、もともと串焼き屋さんということでほぼほぼオープンエアなので、やはり高齢者が食事をするのはちょっと風邪を引きそうです。テイクアウトで正解。母と私は母の家で串焼きを食べました。びっくりするほど美味しい串焼きでした。

そろそろ夫が帰る時間に串焼きを持って戻ることにしました。30分ほどの道のり、飲食店からは楽しそうな笑い声やカラオケやっているらしき歌声などが流れ、マスク会食なんてしている人もいなくて、人数が少ないかもしれないけど楽しむ人々の姿が見られました。家に着いたらちょうど夫は帰ってきて何も食べるものがなくがっかりしたのか豆腐のパックを開けたところでした。豪華な串焼きに夫も大喜び。とても質のいいお肉を使っていて、今度は二人で店に行こうということになりました。

明けて日曜日。そんなにお天気はよくなかったけど、私は散歩に出かけました。

陸上部らしき練習とか、子どもたちの野球とか、そういうものがよみがえっていてよかったなあと思いました。

緊急事態宣言下ではよく散歩した道ですが、あの頃は季節的にお花がたくさんありました。今はお花は乏しいけど、十月桜というのが咲いていました。

それからJRAの前を通りかかったら、初めてマスク警察っぽいおっさんに遭いました。っていうかすれ違う瞬間に「マスクしろマスク」と言われただけですが。

ノーマスク仲間からきいていたように、こういうおっさんに限って自分もマスクの付け方は曖昧で、いかにもJRA前にいそうな人でした。昨日はお馬さんイベントがあったのですね。負けたのかもしれません。

まあともかく、ガン無視して通り過ぎればよいだけで、あんなおっさんを怖がってマスクするのはばからしいと思いました。

それからスーパーに行っていい肉の日だということを知りましたが、こんでいるので断念。どっちみち冷凍庫はふるさと納税品でぱんぱんです。ソーシャルディスタンスなんで、列がすごく長いのです。

読者の方に偶然お会いしました。廣木さんの新刊を楽しみにしてくださっているということでした。
「今度の本はデザインちょっと違いますね」
「廣木さんにデザインもお願いしたんですよ」
「デザイナーさんだったんですね!」
「そうなんです。なのにお子さんの行く末を心配して福祉の世界に飛び込んで、低賃金も自ら体験したんですよ。すごいでしょう」

みたいなおしゃべりをしました。

のんびりした週末を過ごしましたよ。
今週はまた忙しくなりそうです。

ではでは皆様
楽しい一週間を。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


画像アップロード(PNG, JPG, JPEG)