「発達障害は一生治らない」と決めつけず、試行錯誤する仲間の交流サイトです。ご自由にご活用ください!

管理人よりメッセージ

管理人より日常の連絡事項と思いつき。
レスも歓迎します!

1,233 COMMENTS

浅見淳子

おはようございます。

たにしさんのツイートより。

https://twitter.com/Lnkv9GxsXSpjUpz/status/1381597393288720385?s=20

=====

FBの通知機能が知らせてくれた5年前の息子。ガチな自傷行為がありました。気に入らない事があり、車の窓ガラスに思いっきり頭を打ちつけ、それを僕が怒鳴りつけてました。時は小学校入学1年前。しかしその後、花風社さんとの出会いがあり入学までに各種困り事が治りました。ありがとうございます。

=====

ここで治っていたから去年の緊急事態宣言のとき、お姉さんと2人でお父さんとお母さんの留守を守ることができたのです。治るって素晴らしいですね。

そしてyasuさんが持ってきてくださった論文

https://link.springer.com/article/10.1007/s10803-021-04949-2

「発達の軌道」みたいな捉え方が大久保さんぽいなと思いました。
いずれにせよ治る人は治る。
その軌道に載せる、というのが面白いですね。

こういう論文はあちら的には「改善するから予算を」のアピールでもあると思うのですが、日本は介護方面の予算ばかり求めますね。そしてyasuさんがおっしゃる「効果のない療育に予算がつぎ込まれ続けてしまう」現象もみられます。コロナでもわかるように医療も行政も間違えます。そしてそれをなかなか訂正できないのが本邦の特徴です。だったら自分や家族のみは自分で守るしかないんですよね。

OO群の研究でわかるのは「(いくばくかでも)軽い方が治りやすい」ですが、その軽さとか重さとかどうなんでしょう。
こういう研究にはADOS等のフォーマルアセスメントが手順として用いられますが。

たとえばたにしジュニアはお父さんの記述によると困りごとがたくさんあったように見えますが、そういう困りごとが取り除かれた今は人の間でやっていける人です。

一方で元々もっと軽くても治ってみるとさほど人と交わるタイプではなかったりするかもしれません。そうなるともう個性ですよね。
 これは「知的障害は治りますか?」のテーマでもあります。人はなんらかの能力を使って生きていきます。

私は先日「治った自慢をしている人たちがもともとどれくらい重かったのか知りたい」というリクエストに違和感を覚えたのですが、これも理由だったのかもしれません。重いとか軽いとか実生活の中ではどこで決めるんでしょうね。

あ、それと、栗本さんからレジュメいただきました(笑)。

入金確認済みの方には本日中にお送りいたします。
ご参加の方にはもちろんフルバージョンをお送りしますが、あとでブログに大枠を貼っておきます。

もう一つ書きたいブログがあります。
なぎたさんのコメントを受けて、「直感って磨けるの?」というテーマで書きたいと思います。

https://naosouhattatushogai.com/all/conference-room/322/comment-page-45/#comment-6488

ではでは皆様
楽しい一日を。
4月25日のご案内、貼っておきますね。

~~~~~

「栗本さんの思春期講座と無料読書会のお知らせ」

お世話になっております。花風社の浅見です。
花風社では4月25日、講座を二つ行います。
午前中は栗本啓司さんによる「思春期の変化に関する講座」です。

思春期に荒れることがあるのは障害のあるなしに関係ありません。
ところが障害がある・ありそう、というだけで、この時期の当たり前の変化を病的ととらえて薬物を処方されたりすることもあるのが発達障害の世界です。
思春期は怖いものではない。どう人体が変化するのか、それがどうメンタルや行動面に影響があるのか、先に知っておくと成長の過程と前向きにとらえ、対応を考えることができます。
ですのでこの講座は、今思春期真っ盛りの方とかかわりのある方だけではなく、これから思春期を迎えるお子さんの親御さんにもお勧めいたします。

また、同日午後2時より
花風社創立25周年記念読書会の最終回として、「知的障害は治りますか?」の読書会を開きます。
当日、浅見の企画意図等もお話しようと思っております。
それぞれ、お申込手続きは以下の通りです。

1 栗本啓司さんによる思春期の変化に関する講座。

開催要項
場所 zoom
日時 4月25日午前10時から2時間
料金 当日のみ 3000円
後日配信込み 4000円(三週間を予定しています)。

*質問は先着10名様のみ受け付けます。ご質問提出の方は質問提出前のお振り込みをお願いいたします。

2 無料読書会「知的障害は治りますか?」

読書会要項
日時 4月25日 午後2時から1時間程度
参加費 無料

どちらの講座もお申込は

1 お名前
2 配信先アドレス
3 ご希望講座名

をzoom☆kafusha.com
にお送りください。
(☆をアットマークに変えてください)
(質問を提出の方もこのアドレスにお願いいたします)
料金のお振り込み先はお問い合わせください。
読書会は一日二日でURLを発行いたします。
栗本さん講座はお振り込み確認後、10日あたりからURLを発行していきます。
どうぞよろしくお願いいたします。

今後とも花風社の本と講座をよろしくお願いいたします。

浅見淳子

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


画像アップロード(PNG, JPG, JPEG)