「発達障害は一生治らない」と決めつけず、試行錯誤する仲間の交流サイトです。ご自由にご活用ください!

雑談のお部屋

なんでも雑談コーナーです。
発達障害に関係あってもなくても可。
楽しくおしゃべりしましょう!

810 COMMENTS

わかくさ

先週の講演会に参加しました。

浅見さんにお会いしたのも初めてでしたが、浅見さんが本当に自然に「治る」とお話されていて、文字を読んでいるだけではこの「治る」はわからなかったなあと思いました。
私の中にも子どもをそばで見ていての「治る」は確かにあって、「治った自慢」にも何度も書き込みさせていただいているのですが、それでもなお「確かに治った。しかし、まだまだ治っていないところもあるのだ」という自分の中での葛藤というか「恐れ」もあるのだと気づかされました。

浅見さんの「治る」は、私にとって、すとんと腑に落ち、目か鱗が落ちる「治る」でした。とても心地よかったです。

座波さんのお話は、私も「そんなわけない!」と思いながら、こどもを学校に行かせ続けたことを強く思い出しました。
これまでの花風社さんの本で学んできたことの、実生活での活かし方を教えていただいたように思います。本を読んだだけではピンとこなかった図も、直接お話を聞くことで理解を深めることができました。
私にとっては、子どものこれから、というよりも、自分のこれまでを振り返るような時間になりましたが、だからこそ、子どもにも還元していけそうだなと思っています。

まだ開場前かしら…と思いながら会場に向かったら、すぐにみるさんが「もう中に入れますよ」と声をかけて下さったり、主催者の津田さんの細やかな気遣いにも感動したり、会場全体の雰囲気もとても心地よかったです。

実は講演会の朝に身近で突然のご不幸を知り、まさにバランスボールが揺れまくっている状態での参加でした。その後、折につけ講演会の様子や、お聞きしたお話を思い出しながら、命には限りがある、でも、その命が尽きるまでは、与えられた命を精一杯生きなければならない。だからこそ、少しでもできることを増やし、コンディションを整え、社会の中でよりよく生きてゆくことを諦めてはならないのだ、そんなことを強く感じた一週間でした。講演会に参加できて本当によかったです。

主催して下さった津田さん、貴重なお話を聞かせていただいた浅見さん、座波さん、ご一緒させていただいた皆様、ありがとうございました。

返信する
みる

わかくささん
みるです。アットマーク国際高校品川学習センター2年生です。こちらこそ先日の大阪講演会ではありがとうございました。


お子さんの為に花風社さんの講座に参加したつもりだったのが、いつの間にか、お父さんやお母さんの方が役に立っていた

↑花風社さんの講座あるあるですね。
自分は親の立場ではないですがほかのクラスタさんの話を伺うと、親御さんが楽になると、こどもももっと治る、というご家庭が本当に多いです。
なのできっとわかくささんのお家もこれからもっともっと治っていきますね。楽しみです。

またどこかでお目にかかる機会がありましたらどうぞよろしくお願いいたします。

返信する
XIA

「発達障害者であることにメリット」
それを考えてみていました。
まず、発達し続ける…私はコレからも発達し、治ろう!と考えると、確かに発達障害だと意識してはいますが、「向上心」があります。
私の身近で成功している発達障害・資質を開花している人たちは、この意識があるので、年をとっても若いし、どんどん発達しているようです。

返信する
XIA

確かに、仕事をする上で、障害はない方がいいかもしれないです。
しかし、凸凹の人が実際にまじめに何かを取組んだら、何かできることはないかと考えました。
それから、もし、症状が今すぐ消えなくても、前向きにやって行くことそのものだ肝心だと思う。
だから、発達障害と言われた!「どよ~ん」となるのではなくて、それならそれで現実的に災い転じて…これから治って行けばいい・生きづらくなくなって行ったらいいと思えます。

返信する
XIA

本当のところ、医療は、病気から~日常生活ができる水準に持って行くのが、仕事だって聞いた。 だから、健康増進とか、社会適応とか、そう言うのは自分でやれないといけない。 そこまで医療におんぶ抱っこしたいという甘えがあった人もいると思う。

私は、この「甘え」が強い人は、支援に頼り、医療に過剰に期待して、自立できないスパイラルに落ちていくと考えます。

返信する
智パパ

先日は講演会並びに懇親会でお世話になり、ありがとうございました。

講演会に着いてみてビックリしたのは前から席が埋まったことでした。
大学や大学院の授業や講義でもこんなことはまったくありませんでした。

講演内容をわたくしなりに必死にメモしたものについては
座波さんの講演レジュメも後日いただくことができたために
ヌケやモレを埋めることができて助かりました。
自分が働いていることについても多々参考になることがありました。

また余談になりますけれども、息子が生まれて間もないころ
健常者が成人してから脳梁欠損が見つかったというケースをgoogle検索で見つけ
(たまに無症状のこともあったり、前交連が脳梁の代替をしている模様です)
これならある程度は希望がもてるのではないかとおもい、悲観せずに済みました。

(出生直後に閲覧)
http://f-makuramoto.com/02-nagagen/34-hitei/index.html
(先程閲覧)
http://blog.livedoor.jp/makuramot/archives/53137137.html

今後この分野に関する知見についても格段の進歩がみられるのかもしれません。

今後ともどうかよろしくお願いいたします。

返信する
みる

智パパさん
みるです。アットマーク国際高校品川学習センター2年生です。先日の大阪講演会ではどうもありがとうございました。

たにしさんもそうですけど、お父さんも試行錯誤して治そうとしているご家庭はお子さんも子どもらしくいきいきしていますね。
(もちろん、母子家庭、父子家庭、あるいはお父さんがあまり熱心でないご家庭でも治っているお子さんはたくさんいます。)

智くんはこれからのAI社会を担っていく将来の大人として、個人的にとても将来が楽しみです。今後もどこかでお会いすることがあるかもしれませんがその際はぜひよろしくお願いいたします。

返信する
智パパ

みるさん

コメントありがとうございます。講演会並びに懇親会ではお世話になりました。
講演会場管理者の規定で小学生未満の子供が入れないため、
懇親会にあえて妻子を呼んだのは妻(智ママ)の書き込みが決して作り話などではなく
また息子が実在の人物であることを証明したかったからです。

彼は今後どういう道に進むのかまだ皆目わからないのですけれども、
自分がかつて親にされた扱いは決してするまいと考え、
自己肯定感をできるだけ確立しようと、極力逆の対応を心がけております。

また研究者としての仕事に従事していた時期があり、その延長で
「五本指いい子」とかたわいない(名前すらつけていないような)遊びをおりおり考えて
「あれどうかな」「これどうかな」と少しずつ前向きに試してみたことが
今のような展開になったのだとおもいます。

返信する
Kei

智 パパさん

初めましてKeiと申します。
智くん快進撃をワクワクしながら読ませて頂いております。

参考になるかわかりませんが、知り合いに幼児期に何度もてんかんの発作があるお子さんがいましたが、脳梁をとるという手術を受けていました。
左右の脳の回路である脳梁をとることでてんかん発作が抑えられる。という説明だったと記憶しています。

その手術を受ける患者さんが全国から集まるそうです。

それを聞いたとき脳梁がなくても大丈夫なのかな?と思っていました。

これからも智くんの嬉しい治った記録を楽しみにしています♪

返信する
智パパ

Keiさん、XIAさん

興味深い知見をご紹介いただきありがとうございます。
1970年代に前頭葉にメスを入れ組織の一部を切除する
「ロボトミー手術」なるものを知って子供心につよい恐怖心を覚えたことがあり、
(今調べたら1975年に日本精神神経学会が廃止を決議したようです)
その延長線上で脳梁切除なのかと当初はビックリしましたが、
それが実際に癲癇発作の抑制に繋がったり(発作半減6割、発作消失1割)
注意力低下の改善にも繋がることがある、ということでホッとしました。
ただネットワークの安定性、頑健性が若干低下というのが気にかかるところです…

息子の場合は脳梁欠損よりむしろ胎児期の脳内出血が原因と思われる脳室拡大が
発達の遅れに結びついているのではないかと私共は考えていますが、
それでもなお残った脳の部分を100%フル活用することで何とかして生き延びよう、という前向きな態勢にあるのだろうか、とも考えられます。

返信する
たにし

社会人になって間もなく四半世紀。

世間一般的な常識と市場の相場感は身についているつもりです。

今まで家族を露頭に迷わせることもなく過ごせてきたことが何よりの証拠。

クソみたいな輩とは距離を置けてきたし、一方、お世話になった方には、日々の感謝の気持ちに加えて、年末にお礼の品をお送りさせていただいています。

本当にありがたいことに、お世話になった方々は、世間一般的な経済行為として、ありがたい知見を惜しみなく提供してくださっています。

でだ。

結果が出たら、そのお礼はしたい、赤心から。

この気持ちは、息子に伝わっています。

助けてくれた世間様に将来は恩返しを。

返信する
浅見淳子

たにしさん

夫は教科書とか書きます。そうすると版元からお歳暮いただいたり。

花風社は逆なんです。なぜか読者からお歳暮いただく。

それを見て夫は「花風社すごい。これだけの人に感謝されてる。本当にいい仕事をしている」と言ってくれます。

返信する
たにし

感謝の気持ちをお贈りする。

その行動に至る前提として、結果をもらたしてくれているというのがあります。

何の結果をもたらさない相手に感謝したり、何かを贈るような行動形態は、僕にはないです。

花風社本の知見で、自傷多傷奇行睡眠障害不潔行為が治り、今は意気揚々と学校に通って、登校渋りとは無縁。

家庭の取り組みに加え、週5日1日8時間の学校生活により、健やかに成長しています。

赤心からの感謝の気持ち。

返信する
浅見淳子

座波さんと私の大阪講演に関し素晴らしいブログを二つご紹介します。
これはいずれブログやメッセージコーナーで取り上げさせていただく予定ですが、取り急ぎここに貼っておきます。今回参加者の方々が雑談コーナーに感想書いてくださっているので。

まずはねこ母さんのブログ。

https://blog.goo.ne.jp/annon-okiraku/e/cb3d5bdf25dfe8c773c16ea4b5086871

これで気づいたのは私が自閉っ子たちの不自由さに気づき、治ったらいいなと思ってそれをあきらめなかった理由の一つがおそらく私のありあまる体力だったということです。

そして主催者のからだメンタルラボ津田さんのブログ。
当日のアンケートから掲載許可をいただいたものを抜粋して載せてあります。
必読です。

https://www.karadamental-brog.com/entry/2020/01/17/%E7%89%B9%E5%88%A5%E8%AC%9B%E6%BC%94%E4%BC%9A%E3%80%8C%E7%99%BA%E9%81%94%E9%9A%9C%E5%AE%B3%E3%81%AE%E8%87%AA%E7%AB%8B%E3%81%A8%E6%9C%AA%E6%9D%A5%E3%80%8D%E7%B5%82%E4%BA%86%E5%A0%B1%E5%91%8A

返信する
XIA

社長。
どうしても、過酷に暑いときとか、底冷えするような寒さでは、効率的に離れないけど、急に気温差が開くようなときでなければ、季節の変化があっても、「同じように日々暮らせる」ことが出来てきました。
私が健康だと思えるのは、季節に影響されなくなったこと。
毎日同じように生活できる、当たり前のことですがそれがありがたいのです。

返信する
XIA

皮膚の調子はとてもいいです。
水分を補給することも覚えました。
カサカサが減ったんです。

返信する
座波

「恐怖」についてですが、「恐怖」が動物のデフォルトです、「安全・安心」ではありません。
下等動物は脳幹レベルの「反射」につながります。少し進化すると「反射」を制御して大脳辺縁系の「反応」につなげられるようになります。ヒトはさらに進化して「安全・安心」を前提とした大脳新皮質の「対応」が可能となります。
とはいえ、「安全・安心」が脅かされると上位機能は不安定となり、「恐怖」の程度によって制御不能の「反応」「反射」とよりプリミティブなな機能に戻ることとなります。

発達のヌケモレ、原始反射の残存、家族歴・胎児期・生育環境などにより「安全・安心」が不安定なままだと「頭でっかち」の知性化で安定を図ろうとします。

統合失調症と診断されうる幻覚妄想なども同じプロセスから生まれているものもあるのではないかと個人的には考えています。「恐怖」のレベルによっては客観性・合理性さえ伴わない知性化となりうるからです。それがさらなる「恐怖」を生み出すことにもなりますが、“秘密結社に狙われている”といった妄想は大抵の恐怖を肯定できる理由づけとなりうるわけです。

ですから、想像が外れるのはそれだけ大きな「恐怖」がかかっているから、と考えると仮説が成り立ちます。否定されればされるほど必死になるのも安定を保っている知性化自体を脅かされるからだと個人的には考えています。

ではどうするか?
限定された空間で意図的にゆっくり深い呼吸を繰り返すことで身体を「安全・安心」モードにすることができます。消化系が機能し始め、神経発達が促進される身体状態に切り替わるので、目を合わせて顔を動かして社会神経系を育てて安定性を高めるような働きかけを積み重ねます。
知性化が余計な介入をし出すと効果は期待できないのでご本人のモチベーション次第ですが。

返信する
浅見淳子

座波さん。

ありがとうございます。
なるほどです。
シアさんが空気読めるようになったことは呼吸だと思いました。
これは一次障害特性へのソリューションです。
だったらアンチのどうしようもない想像力は何なのかと思っていたのです。
やはり恐怖ですか。
なるほどです。

返信する
虹の子の森正人

物凄く納得しました。
児童自立支援施設の子どもたちのほぼ全てが、恐怖に縛られていることは、生育歴から想像することは簡単ですが、改善の糸口は大脳以前の育ちだと想定して関わってきたので、本当にこの書き込みに頷きながら読ませてもらいました。そして今年度取り組んできた子どもたちとのワークアウトに、呼吸を重視してきたことの成果とも結び付きまし、確信しました。ありがとうございました‼️

返信する
たにし

先日の大阪講演会。

よく考えたら浅見さんとゆっくり話したのは、初めてでした。

数年前、講演会に参加した時に、ほんの数十秒、挨拶させてもらったことはありましたが。

大阪講演会の休憩時間とその後の饗宴時、お話させていただいた時の印象は、「聞き上手」「振り上手」でした。

決して御自身が前面に出て話し続けることはなかったですね。

饗宴時、浅見さんと僕は対角線上にいて、

浅見さん   新人さん
こよりさん  僕

という並びでしたが、浅見さんは、周りの3人に話を振ったり聞き入ったり質問したりされていました。

おかげ様で、本当に気持ちよく喋れました。

返信する
こんぺいとう

みるさん

先日はお疲れ様でした。
いつかお会いできたらいいなと思っておりましたので、ご挨拶できて嬉しかったです。
東北のお菓子も美味しかったです。
ありがとうございました!

今後もチャンスがあれば講座に参加したいと思いますので、またどこかでお会いできる日を楽しみにしております。
今後ともよろしくお願いいたします。

返信する
mima

昨日はありがとうございました。

浅見さんにはっきりと『治る』と言っていただくことで、ますます自信になり、
座波さんのお話は、息子の話というより、自分の会社員時代の話を思い出しながら、
主人の仕事を思い浮かべたりして聞いていました。

もちろんそう遠くない未来に社会に出ていく息子に、今何ができるのか、また目標ができた気がします。

饗宴もとても楽しかったです。

花風社の講演会や、講座などにでると希望を持って帰れるんですよね。
何かあっても、何とかなる。

今回もそんなこれからの毎日にワクワクを頂いた会でした。
ありがとうございました。

返信する
みる

mimaさん
みるです。アットマーク国際高校品川学習センター2年生です。

先日はどうもありがとうございました。
花風社さんの講座に参加いたしますと本当に元気をいただくことができますね。

またの機会がありましたらどうぞよろしくお願いいたします。

返信する
mima

みるさん。

メッセージに気づかず、返信が遅くなり申し訳ありませんでした!

先週はありがとうございました(^^)

みるさんのおかげで、饗宴でもいろいろ助かりました。

また、お会いできることを楽しみにしてます!

返信する
こんぺいとう

昨日、大阪の講演会に参加させていただきました。

本当に素晴らしい講演会で、もう終わってしまうのか‥と名残惜しい気持ちでいっぱいでした。
会場の温かい雰囲気、わかりやすくて胸に響くお話、熱心に学ばれる参加者の方々、主催の方の心配り、と大変居心地の良い場でした。

大切なことをたくさん教えていただき、何を書けば良いのか悩むほど濃い内容でしたが、その中で特に、
・土台をしっかりと積み上げていく
・少し大変なことに取り組み、できることを増やす
・親が弛む
を意識して日々の生活に仕事に活かしていきたいと思います。

また、今回大阪で開催していただいたことは私にとって大変ありがたいことでした。
行きたいなと思う講演会があっても、なかなか遠方まで行くことが難しいので、今回のように終了後帰宅して家族皆で食卓を囲めるくらい早く帰れる場所で、貴重なお話を聴くことができ、主催の方には本当に感謝しております。

そしてこの度、「どこでも治そう発達障害」の会が設立され、今後は日本全国どこにいても治る情報が得られるようになりますね。
私のように遠方まで行くのは難しくても、近くで講演等を聴けるチャンスがあれば参加できる方が増えるよう、何かできる形でご協力させていただきたいと思います。

津田さんご夫妻、浅見さん、座波さん、お会いした皆さま、ありがとうございました。

返信する
みる

こんぺいとうさん
みるです。アットマーク国際高校品川学習センター2年生です。

先日はどうもありがとうございました。
御挨拶もできてよかったです。
これからはお近くで、または近県で講座が開催されますので自分も他の講座に参加出来ることが本当に楽しみです。

またの機会がありましたらどうぞよろしくお願いいたします。

返信する

津田 政志 にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


画像アップロード(PNG, JPG, JPEG)