「発達障害は一生治らない」と決めつけず、試行錯誤する仲間の交流サイトです。ご自由にご活用ください!

旅のお部屋

遠くでも、近くでも。一人でも、家族とでも。旅はいつも発達援助であり、発達の成果でもあります。旅日記をどんどんアップしてください!

150 COMMENTS

こより

体調はまずまずですが、なんとなく動きたくない日が続いていました。自分を振り返る日帰り旅行をしました。

行き先は、名古屋。いつもは大きな書店や東急ハンズに行きますが、懐かしい場所に行く事にしました。

昔、父と歩いた場所を記憶を辿って歩きました。駅の名前は覚えていても、細かい場所はわからないし、昭和の記憶は当てにはなりません。

でも、一日歩いて懐かしい場所にたどり着きました。喫茶店です。昔は喫茶店は「水商売」と言われ、子どもだけでは行ってはいけない場所でした。薄暗くて、たばこの煙が一杯の場所。

昭和の時代に父がつれていってくれた喫茶店にたどり着きました。何もかも変わっていたけれど、あの時食べたメニューは、まだありました。

名古屋の街が変わったように、私も変わり、これからも変わって行くのでしょう。

変わらないのは、思い出の中の父。今度は、夫や息子とここを訪ねて、懐かしの昭和の味を楽しみたいと思います。

思い出発掘ツアーで元気が出てきました。

返信する
たんぽぽ

週末に、焚き火が楽しめる郊外へ。
竹や木を切って、椅子を作りました。
座面は、最初ビニル袋を貼ってみたのですが座ってみたら木や竹のささくれが引っかかって破けてしまい。次に木や竹を丁寧に養生し、座面をタオルにしてみたら無事座れる椅子が完成しました。

あれこれ試行錯誤しながら工作、三男がすごく熱中します。
海でも山でもキャンプに行くと、何か拾ってきて黙々と作り出す。
遊び方で資質がわかるとはこのことだなと思います。

三脚椅子の要領でトライポッドも作り、ご飯を炊きました。お日様の下で食べるご飯は美味しかったです(^_^)
(写真は三男作の椅子と、私と三男合作のトライポッド。)

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


画像アップロード(PNG, JPG, JPEG)