「発達障害は一生治らない」と決めつけず、試行錯誤する仲間の交流サイトです。ご自由にご活用ください!

薬のお部屋

薬の功罪について、もっと率直に語っていい。
そんな場所を作ってみました。

224 COMMENTS

ヨヨ子

http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&m=363120&g=132103

新コロワクチンで副反応が起こると、投薬治療されてしまうことがあるそうです。薬の上に薬に重ねるなんて、精神医療そっくりです。

また、文中に出てくるアデノウイスルベクターワクチンの副反応である、中程度の頭痛・発熱・筋肉痛・倦怠感というのも、抗精神薬や抗うつ剤の副作用である悪性症候群に似ている気がします。

なんとなく精神医療被害を思い出す記事でした。

返信する
ヨヨ子

https://ameblo.jp/momo-kako/entry-12414816104.html?frm=theme

統合失調症と誤診され、統合失調症薬と通院から逃れるのに15年かかった挙句に、向精神薬の影響で身体障害者になってしまった人の話が載っているブログです。

私が注目したのは赤字で書いてある部分です。

自閉っ子も多動や自傷で身体障害者になってしまう人もいるようですが、それは向精神薬害の世界でも同じです。

しかも世間の多くは向精神薬害のことを知らないので、精神障害ゆえにそうなったとしか解釈しないのです。
私もふらつきめまいで怪我をすることが多いです。向精神薬を服薬する前はこんなことなかったのに。なのに、発達障害だとか自閉症スペクトラムだとかいう診断名がつくと、向精神薬の影響ではなくそれらの特性せいにされるのです。
向精神薬を飲んでいない状態の私を見たことがない医者からもそういう扱いを受けるのです。

なので、自閉っ子のお子さんが多動や自傷で身体障害者になっても、世間は発達障害だからとしか解釈しないと思います。
世間の多くは、支援者や投薬のせいで障害特性が助長されるだとか支援者や支援施設からのトラウマのせいで本来なかったパニックが起こるだとかなんて、知りませんから。

返信する
ヨヨ子

浅見さん。

3次障害を知る人は年々増えていると思います。
特別支援学校を卒業しても就労移行支援事業所を出ても就職できない人は毎年千人単位で増えてるでしょうし、その分「自分にも非があったかもだけど、特別支援学校や就労移行支援事業所もおかしいよ」と思う人も増え続けるでしょうから。

しかし障害者が支援にアンチ発言しても、支援者側はこう社会に主張するのでどうしようもありません。
これは仕事のお部屋にも貼ったんですが。

返信する
ヨヨ子

申し訳ありません。
上に貼ったリンク先の記事を書いた人は支援者ではありません。

でも作業所にはあまり良い感情を持っていないのに、就労移行支援アンチに対してやたら厳しい(というより就労移行支援を辞めたい人間にとっては脅しとしか思えない)発言をしているので、支援者に頼まれて書いた可能性は高い気がします。

返信する
ヨヨ子

https://ameblo.jp/momo-kako/entry-12414815809.html?frm=theme

精神科に通っているだけで他の科の医師看護師から差別を受けるという話↑

しかしこれは厳密には差別ではありません。
向精神薬は他の薬といろいろと違う点があるので、他の科の医療従事者からすると扱いに困るみたいです。

向精神薬を服薬してる患者が運ばれてきた際のマニュアルを出している麻酔科医だか救急外科医の書いた本を読んだことがあります。
そこには、
向精神薬は脂溶性だから、術前に食事を抜いて手術中に脂肪が消費される際、脂肪から向精神薬が溶け出して一時的に薬を増やしたような状態になる
だとか、
抗うつ剤の一部は基本的に断薬
などと書かれていました。

また向精神薬と禁忌の薬は結構あります。
新コロ対策としての薬がアビガン主流になる前に検討された薬の中には向精神薬と併用禁忌のものがありました。

もし将来的に新コロ薬が出来て、それがコンサータやインチュニブと併用禁忌だった場合、それらを飲んでいるADHD患者は新コロ病棟から嫌がられるかもしれません。

返信する
ヨヨ子

https://ameblo.jp/momo-kako/entry-12446804725.html?frm=theme

私はこれまでここのお部屋でたくさんの薬害について書いてきました。
しかし裁判沙汰にはしたことはありません。
したく無いからではありません。出来ないからです。

理由は上のブログの記事の最後の方に書いてある通りです。
向精神薬被害者が裁判を起こすのは非常に困難なのです。
引用させていただいた上のブログにもありますが、原告側に協力してくれる精神科医がいないのです。

私が知る限りでは、東京〜大阪にも書籍で向精神薬や精神医療への疑問を訴えてる精神科医は何人もいるのですが、裁判に協力してくれるかと言ったらそれはまた別の話なのです。

向精神薬被害者はほぼ100%泣き寝入りです。
向精神薬被害者になると、世間から見えなくなるどころか社会から消されるのです。
だって、精神医療の専門家とされている精神科医が認めないから。

返信する
ヨヨ子

https://ameblo.jp/momo-kako/entry-12420796223.html?frm=theme

また、裁判を開けてもこんな結果になるのがオチみたいです。

閉鎖病棟の隔離部屋で看護人2人に押さえつけられて死んだ患者さんの裁判。
結果は1人が無罪。1人が罰金。

私としては、「発達障害 脱支援道」P103で、ヘルパーに窒息死させられた強度の問題行動がある利用者さんが事故死として扱われた話が載っていますが、大人しくしていてもこういうことが防げたか分からないと思います。

この話を取り上げた書籍を読む限りでは、上で引用した記事の死亡した患者さんは、大人しい人だったみたいなので。

返信する
シア

おはようございます。
ワクチンに関して問題が生じるのは「検証期間が非常に短い」ことと「人種や民族による効能・副反応」に問題がないかということなんです。
例えばイスラエルでは優先的にワクチンが回されましたがコレはユダヤ教徒は人種や民族が多様ですから「人体実験」としての意味合いが強いと言う意見が公然とあります。
また大関という研究者によれば西洋の薬物は地球の反対側では副作用が大きくなります・その証拠に東南アジアは世界で最も向精神薬の薬害が多いです。
「私は」お薬の副反応が大きく出る体質ですので自然な免疫に任せることが多いです。
※今までも年に二回の肺炎は自力で治してきたし最近はそれも落ち着いてきているのです。

『不安があるなら不安がるのではなくて避ければいい』

「私は」ワクチンを打つにしたって自分でちゃんと考えておくことにしています。
ワクチンを打つ人が増えて行って落ち着いているなと思ったら打つのでもいいです。
みんながみんな同じ方法を選択して生きて行かなきゃならない理由はないわけで自分に適した方法を選ぶからより望ましい結果が得られるのだろうと思います。

返信する
浅見淳子

シアさん

なるほどです。
ユダヤ人はたしかに世界中からイスラエルに戻ってきて多様性があるようですね。
それと、アジアで精神科の薬の薬害が重いという話は初めてききました。だとすると、アジアならではの手段も探すべきかもしれません。

ワクチン調達に関して日本は出遅れているようだけど、先に進んでいる国々より被害状況も大したことないので、別にいいのかなと思っています。

返信する
ヨヨ子

私は下に書き続けていたように、向精神薬で散々な間に合いました。
しかし、焼酎風呂に浸かり、金魚体操を背中に湿疹ができるほどし、整形外科で何やったらこうなるの?(^◇^;)と医者に言われるほど腕を痛めながら円盤の気功やタッピングに勤しみ、ここで自分の経験を書き続け、やっと頭が軽くなり始めました。

そんな私が今現在、当時の鬼畜精神科医達に何をして欲しかったのかについて書きます。ここへ来て、やっと分かったからです。

私は彼女らに謝って欲しかった。
両脇にボディーガードや屈強な看護人を置いてでも良いから。「薬剤過敏がある人はねー他の人になら上手くいく投薬治療でも上手くいかないことがあってねー」という言い訳がましい言い方でもいいから。
普段威張ってる人達に頭を下げられれば、こちらも少しは気持ちが鎮まります。気持ちが鎮まるということは、トラウマ処理にかかる時間が少なくなり早く前を向けるということです。
それなのに、謝らない認めない。謝ったら最後医師免許剥奪だとか病院クビになるとかならまだわかりますけど、そうじゃないですよね?精神科医なら。
こっちは一生「違う!違う!私は薬で人生奪われたの!」と心の中で叫びながら、10年近く働けなかった重度精神障害者または年相応の経験を積んでいない訳ありのオバサンとして生きていかなきゃいけないのに。

就労支援者にも謝って欲しいです。
就労支援は病院通いしか出来なかった人を社会に送り出す機関なのに、私はそこに通ったことで3歩歩いて2歩下がるみたいなことになってしまったのですから。
就労支援者は医師と違って非を認めて謝罪したらクビになるかもしれません。
しかし、クビになったって利用者である障害者や何年も社会に出られない人達よりマシです。解雇になったとしても最近まで働けていたくらい健康なのですから、仕事だって利用者や元利用者よりも早く見つかるでしょう。
謝ってクビになったって私のような立場の人間よりマシな人生が待っている。にもかかわらず謝らない認めない。
謝ってくれたらこっちだって過去に囚われる年月が格段に減るのに。

謝れ
詫びろ
非を認めろ
どうせ無能なお前らになんて何も期待してないから薬でやられた頭を治せだとか責任持って職を見つけろなんて言わない
でも謝れ

これが今私が1番彼女達に言いたいことです。

返信する
浅見淳子

ヨヨ子さん

少しでもトラウマ処理にこのサイトが役に立っているのなら幸いです。

何しろ医者はねー42万人とか言って経済破壊しても謝罪しないのですから。
そう言う悪どいところが世の中に知れ渡ったのもコロナの数少ない良いところだった気がします。

返信する
ヨヨ子

浅見さん。

ここをトラウマ処理に使ってしまって申し訳ありません。
しかし今の私は現実である程度、精神科医や看護人や就労支援員にされたことを言えるようになったので、去年ほど頻繁にここを使うことはないと思います。
勿論言える人は限られていますが。

医師からの謝罪は・・・無理でしょうね。
向こうは医師以外の生き物を人間だと思っているかすら怪しいのですから。

私も円盤の気功をしている時、たまに閉鎖病棟時代や多剤投与時代にタイムスリップして「貴女達は私達のことを、精神科の患者のことを、人間だと思っていますか?
通院患者だけでなく、入院患者のことも人間だと思ってますか?
何が起きてもあの人は精神病だから認知の歪みがあるから病識がないからの一言で済ませられる生き物だと思ってるんじゃないですか?
人間に対して、こちらの言い分も聞かず拘束したり、何の相談もせず薬を増やしたり、半裸の異性のいるベット周りのカーテンの中に入って来たり、雨漏りのする部屋で寝泊まりさせたり、『そんなことしたらお尻ぺんぺんですよー』とか言えるものなんですか?
自分が人生を破壊した患者と毎週カウンセリングルームで顔付き合わせるってどういう気持ちでしたか?
そういうことが何年も出来たのは、私を自分と別の生き物だと思っていたからじゃないんですか?」
とボソボソ呟くことがあります。

そのくらい、人間扱いされなかったので。

オミさん達も謝らないでしょうね。
謝る可能性があるとしたらスガさんでしょうか。
将軍様達に散々意見できるけど、敵に首を取られる可能性や戦犯裁判に出頭させられる確率は将軍様達に比べたら少ない参謀達。
そんな美味しい立場が今でいう専門家。特に医者。
少なくとも私はそう思っています。

返信する
ヨヨ子

私が薬のお部屋を占拠している理由について、改めて考えてみました。

私は病名がハッキリしないわ主治医によって変わるわな状態であるにも関わらず、メジャートランキライザーを飲まされ続けました。そして花風社との出会い(身体アプローチは減薬にも有効です)・伊敷病院行き・転院があり、今やっと未来を見られるようになりました。

しかし、10年近いブランクを作ってしまった為、就活難航(書類審査で落とされる)・婚活に至っては年齢制限で門前払い(オンナですから)です。

そしてそんな状態になった1番の原因は間違いなく向精神薬なのです。

これは発達障害で施設に行って戻って来ない人達が帰ってきた時にも起こると思っています。
障害者施設がどういう場所なのかは知りませんが、私には閉鎖病棟入院歴があるのでそれに近いものなんだろうと想像しています。
もしそうなのだとしたら、ある意味施設から出てきた後の方が周りは大変だと思います。

断薬または生活していけそうな程度の量への減薬、施設での支援員による暴言や行動を抑制されたトラウマの処理、真実を知ったショックへの対応、高校や高専に入り直す、親への怒りへの対応。当面は医療からは離れられないでしょうから転院先も見つけなければならないでしょう。

トラウマ処理も自傷他害への対処法も見つかりました。高校も学費が補助される場合があるようです。

しかし、20代前半の若い子ならまだしも30歳超えてるだとか親が年金暮らしだとかだと修羅場になると思います。
上に書いたことを全てクリアするには何年もかかるし(私の場合は3年くらい)お金だって多少はかかるでしょうから。
通学に必要なのは学費だけではありませんし、メガビタミンサプリやフラワーレメディーも大黒柱が働いていない家にとっては決して安くありませんしね。

神経を発達させる年齢にリミットはありませんが、親の手を借りられる年齢や社会復帰や出産ができる年齢にはリミットがあるのが現実です。
そして、そのリミットが来るまでの年月を1番食い潰すのが、向精神薬だと思うんです。

だから私はここ1年を通してここのお部屋を占拠しました。
私のような被害者が出ないために・・・とカッコよく言いたいところですが、半分は私自身のトラウマ処理の最終段階(誰かに話すこと)と、「向精神薬を処方されていた人が長期ブランクを作って社会に出るのを見ても不審に思わないで!」という気持ちが占めています。

本当に、向精神薬、ろくでもない。

返信する
浅見淳子

ヨヨ子さん

いつもありがとうございます。
軽々にコメントできる内容ではないのでコメントはしていませんが、貴重な情報提供だと思っています。
トラウマ処理にもなっていたらうれしいです。

返信する
ヨヨ子

浅見さん。

向精神薬の濫用多剤投与は経験したことのない人には想像出来ない世界だと思うで、私の投稿に対してコメントが多くないことに関しては、気にしたことはありません。

ここに色々と書かせていただいたことで、薬はのトラウマはだいぶ薄くなりました。
以前は世の中全体が憎かったのですが、今は精神科医全般と就労支援員全般(この人達には服薬こそ迫られませんでしたが、薬でダメージを受けた私の脳が少しずつ自然治癒されていくのを暴言で邪魔した)だけが憎い状態になりました。
諸悪の根源である医師3名だけに矛先を向けられるようになるのが目標です。

そのトラウマが薄れていった頭で考えたことを上に書きます。

返信する
智ママ

「これはダメだぞ?」と気づいたときに、
(早く気づくことができればよりいいのでしょうが)

どれだけ、断薬または減薬する手立てがあるか
再度、社会に浮上するための手立てがあるか
社会復帰までの方法を知ることができるか
あちこちに空いている落とし穴を見つけることができるか
その見つけた解決方法をご自分に受け入れられる余地があるか

は、この社会に戻って来られるかどうかの鍵になりそうな気がします。

息子の場合は、向精神薬の処方は最後まで控えなければいけないケース(心臓の薬と、風邪をひいたときの薬の処方が優先される)なので、多少の症状が出ても、服薬を勧められることはないようです。そのかわり、大学病院の診察室で『あるがまま教』のお説法をきくことになりましたが、診察室を出てから売店でアイスを食べたら、「うちは、やっぱり通常運転モードで行こう」と思っていました。
今は、食欲に多少ムラがありますが、大体食べていいものは何でも食べられるようになって2ヶ月は経っているので、心配はいらないようです。

ヨヨ子さんが身をもって体験されたことを、ここで教えてくださっていることに、たいそう感謝しています。
ありがとうございます。

返信する
ヨヨ子

智ママさん。

残念ながら向精神薬を服用していると「これはダメだぞ?」と思えるようになるまでにも時間がかかるのです。

頭が相当パーになっているので。

私自身もメジャートランキライザーを抜いて2年くらい経ってやっと自分が病院に何をされていたかに気づいたくらいですから。

酷い場合だと、向精神薬の副作用で犯罪を犯し留置所で薬をもらえず強制的に断薬する形となり初めて正気に戻る、なんてケースもあるようです。

だから、向精神薬地獄からの脱出の鍵を握るのは親です。
成人していても親次第。
何もかも薬のせいにするのはアレなんですが、向精神薬とくにメジャートランキライザーは本人を本人じゃなくすレベルの破壊力がありますので。
ましてこの状態はまずいと気づくだけならまだしも行動できる思考能力なんて残っちゃいないんです。

返信する

ヨヨ子 へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


画像アップロード(PNG, JPG, JPEG)