「発達障害は一生治らない」と決めつけず、試行錯誤する仲間の交流サイトです。ご自由にご活用ください!

薬のお部屋

薬の功罪について、もっと率直に語っていい。
そんな場所を作ってみました。

117 COMMENTS

たにし

身体が欲したら食べ飲みする。
欲しなかったら食べ飲みしたがらない。

これを実感しているクラスタの皆様も多いですね。

うちは親子で人参養栄湯を飲んでいます。

僕は疲れが溜まっていると感じた時に随時。
疲れた状態から、じんわりとパワーが湧いてくる感じです。

息子は毎日朝晩。たまに忘れるけど(笑)
何か身体に合うのか、ご飯が終わったら「お薬飲むー!」と言って、自分で水で溶いてゴクリと飲んでいます。
たまに「今日はやめとく」と言ってセーブも。

決して美味しくはないんですが
「チョコレートお薬」とか言ってます。
まぁそう言えなくもない。

僕は近所の内科で。
息子は普通の小児科で処方してもらっています。体重から計算して半量に分包してくれています。

小児科のドクターからは、
「念のために半年に一度血液検査をして、身体への負担をチェックしましょう。たぶんなんともないと思うけどね。」
とのアドバイス。

息子が飲みたがらなくなったら、その時が、卒薬のタイミングかな?
今はフツーに進んで飲んでます。

おかげ様で風邪一つ引かず、毎日元気。

返信する
yasu

多剤服用のリスク

https://gendai.ismedia.jp/articles/-/68706

ポリファーマシー(多剤処方)昔から医療関係者の間では定期的に問題視されていますが、対応がいまひとつ不十分な領域です。主に高齢者(腎臓の機能が落ちるので薬の排泄が遅れることが多い)で問題になっていますけど、小児や児童でももちろんリスクはありますし、成長にどのような影響が出るのかといった問題もきちんと解明されていませんね。

薬の飲み合わせは医師と薬剤師がチェックしますけど、このように種類が増えてくる相乗効果は完全に予測できないですから、患者側で最低限必要なものという認識を持つ必要があります。薬の数がこんなに多いのはイヤ、という思いも遠慮無く医師や薬剤師に伝えましょう。彼等は何故必要なのか、安全性はどうなのかを患者に説明する義務があります。

医師は

返信する
浅見淳子

yasuさん、ありがとうございます。
先日耳鼻科で出た抗生剤、いやだったんですけど一週間のみました。その前のんだのは親知らず抜いたときだったんですけど、三日でももううんざりで、一週間と言われたときはどうしようかと思ったんですけどまあのみました。次に行ったときに二週間一日一回だけ出され、自分で必要なくなったらのまなくてよいと言われました。薬剤師には副作用があるかきかれたので「筋肉に力が入らない」と言ったら検索してくれてそういう症状はないと言われたんですが私の実感としては「筋肉に力が入らない」なんですよね。普段80キロでやっている筋トレが60キロしかできないので。それって日常生活にも微妙に影響していると思うのです。
一日一錠だったので律儀にのんでいたらかえって調子悪くなったのでやめました。必要ない薬は調子悪くなるんだなと思いました。

返信する
yasu

浅見さん、お大事にしてください。

薬局で薬剤師が検索するのは副作用データベースなので、そこに報告が無いとそういう回答になりますね。データベースに載っていようがいまいが「私」はそうなんだからと、因果関係の推測は自分でないとできないですから。調子悪くなったのだったら止めて正解だと思います。

私も以前扁桃腺炎で処方された抗生剤の効きが悪かったときに医師へ言って薬を変えてもらったことがありますが、こういうのは積極的に自分で言わないと全く伝わらないですからね。病院で思ったことを全部言うたくましいおばちゃんは、もしかすると薬の副作用からは守られているのではと思っています(笑)

返信する
のりまき

今日は。
静岡県在住です。小3の息子のために神田橋処方を出してくれる病院を探しています。
近隣県でもかまいません。
情報提供よろしくお願いします。

返信する
浅見淳子

のりまきさん
こんばんは。
神田橋先生のところに行って、神田橋処方が適切だと診断されたのだとしたら、先生の方から各地につながりのあるお医者さんがいらっしゃって皆さんそこに行かれている様な感じですが。

返信する
どんぐり

のりまきさん

初めまして、どんぐりと申します。
のりまきさんの書き込みが「発達障害は神田橋処方ならばベスト」と思われて漢方医を探されているのかな?と感じてしまいました。

もし違っておりましたら申し訳ありません。

私自身が20代の時に原料をヤカンで煮立てて煎じる漢方薬を使い、現在は別の漢方専門クリニックに通っている経験から言いますと神田橋処方のみを求めてもお子様の状況によって断られる可能性があります。

現在私の担当医が元は普通の小児科医でもあり、内科医でもあったため診察して頂き神田橋処方について尋ねましたが子どもを触診した結果違う処方をされました。

大人の私は子宮系のトラブルと便秘の治療のために、7年同じクリニックに通っていますが季節によって効く薬が変わっていくのです。ということは当然お子様の体調いかんによって効く薬が変わるのはおわかりいただけますよね。

漢方医も相性が大事です。漢方の薬を処方するだけならば普通の内科医でも一部の薬では可能ではあります。

例)足のつりやこむら返りに効く芍薬甘草湯。

でも漢方を専門に処方する方は当然西洋医と同じく検査をしたり脈診、舌診、腹診します。私も血液検査等しています。
だからまず地元の内科医でも小児科医でも信用できる医師を探したり、医師に限定せず漢方薬局も粘り強く探されることをオススメします。

そして浅見社長のおっしゃるように神田橋処方が適切と診断されたのでしたら、処方してくださる先生につながれていると思います。

返信する
のりまき

浅見さんシアさん返信ありがとうございます。
神田橋処方は、神田橋先生の診察を受けて、そこから近医を紹介されているんですね。
鹿児島まで遠方であることを考え、近くで神田橋先生の処方を出している病院があれば、まずは信用して受診してみようかな と思い書かせてもらいました。
実際見立ては先生によって違うと思いますが、長い目で見て保険適用される病院での処方が続けやすいと考えています。
静岡で小児の漢方処方は今のところ検索でヒットしません。
諦めず探してみます。

返信する
浅見淳子

のりまきさん

神田橋処方をしてもらいたくて鹿児島まで行ったけれど、漢方にも過敏性があるからと先生が判断して処方されなかった方もいます。
神田橋処方にご興味があるということはトラウマ処理でしょうか。
だったら薬ではない方法もたくさんあります。
たくさん治った自慢を書き込んでくださっている智ママさんの書き込みなどご参考になさってくださいね。

返信する
シア

こんにちは。
今日は、私がお薬を飲まなくなった経緯を紹介します。
私は、てんかんのお薬をはじめ、免疫抑制剤など、特殊な加算のあるお薬を飲んでいました。
それで、止めたい!と思っても、いきなりやめると、リバウンドすることはわかってました。
それで、とってもいい先生にお会いしたんです。
その先生は、最初に「お薬をやめたい。」と伝え、うなづいてくれました。
私は、指示されたとおりに飲むことを徹底していました。
先生は、「シアさんは治ってきているから、お薬をやめたいなら、肩ひじ張らなくていいよ。」そう言うソフトな言い方をしてました。
「お薬で、怖い思いをしたのもわかります。でも、その恐怖も、大体お薬を飲んで、ああ・なんともないなぁ。と感じることで治ります。」と仰いました。
やがて、そんな先生と会話している間に、お薬に関するこだわりも、薄皮をはぐようになくなってきたんです。
先生は言いました。「お薬、飲んだ?」私は、それを、忘れていたので、何時しか先生に、「先生、すみません。最近飲み忘れてました。ごめんなさい。」そう答えたんです。
先生は、「お薬止めたいと思う?」そう聞いてきました。
私は、「なんとなく、最近めんどくさくて、忘れることが増えたんです。」と答えました。
先生は、「しょうがない、まぁ、ぼちぼちだね。」と言うようなことを、言ってました。
やがて、「先生、お薬飲むの忘れてて、すみません。」とまた病院に行ったときに言うと、顔色も変えずに「ああ、私も商法するの忘れた薬のこと?」と、カルテを見て仰いました。
それで、先生と私で、診察室の中で少し笑って、それきり飲まなくなったんです。
「まぁ、たまに、余ってるの飲んでもいいかも。一週間くらい飲み続けないと聞き始めない徐放剤になってるし、そういう意味で脱泡ドラックみたいな薬とは違うよ、私が処方するのは。それにね、このお薬、何百錠飲んでも、死なないよ。」そう仰ったんです。
それで、私は、何となく、先生のことも忘れづらくて、というか、たまにお薬を見かけると、先生を思い出しますね。

返信する
ねこ母

シアさんが服用していたお薬やそれにまつわる御自身の体験から自由にして、シアさん自身が知らず知らずお薬を減らしていっている。シアさんとお薬の先生のものすごい物語ですね。力のあるお医者様は違うなぁと感心すると共に、こんな風に飲まなくなるというのもあるということを知りました。貴重なお話をありがとうございます。

返信する
光武宏昌

私🐻も主治医、セカンドの先生と一緒に、
『無理せずに減らして』いきたいと思っています。
今はもう既にその曲線の上に私は乗っており、
朝とか晩とか例えば一回飲むのをスキップしても顔面蒼白にはならずに済むようになってきました。
ちょっと前までは電車で近場に行く時には処方薬を4週間分リュックに入れていないと、、てな感じでした。。

返信する
ヨヨ子

シアさん。はじめまして。ヨヨ子といいます。
お薬辞められて良かったですね。

私は向精神薬に対して疑問を持った時既に薬害にあってしまったので、薬害症状を緩和する薬だけは辞められません。
神田橋先生に診てもらったら、「統合失調症じゃない人に統合失調症の薬を出すと想像もしない症状が起きる」と言われて気功を勧められましたが、まだまだ治る気配はありません。
向精神薬特に統合失調症薬は怖いです。

元凶の薬を絶って5年以上は経ってるんですが薬で抑えないとのたうちまわって自殺未遂起こすレベルの体感異常に襲われます。
しかも当たり前のことながら、医者はいらん薬出して障害度が格段に高くなったなんて認めませんから統合失調症と言われ続けています。いつまでたっても体感異常が治らないと言っても統合失調症薬を出そうとするだけです。

自閉症なだけなら病院行かなくて済むのになあと悔しくてたまりません。自閉症なだけの頃は病院通わないどころかフルタイムで働いてたのですから。
今では薬害症状を抑える薬のせいか目が弱くなってしまいネット見るのも辛いです。今日はまあまあの日だからコメントできましたが。

返信する
浅見淳子

ヨヨ子さん
もしご興味あればぜひ「統合失調症を治す」という本を読んでください。ホッファー先生という方の本です。82パーセントの人がよくなっているそうです。そしてこのやり方を日本で一番アクセスしやすいかたちにしているのが「うつ消しごはん」だと思います。

返信する
ヨヨ子

コメントありがとうございます。
読んでみます。
パソコンの画面は見られる日と見られない日があるのですが、本なら何十分も読めますから。

精神医療がメジャートランキライザーを使わず又は超最低量しか使わなくなる日が来ると良いなと思います。

でもなかなか来ないだろうなとも思います。現代の精神科医の大半は薬で治療するしか能がないでしょうから。患者一人一人が知識を身につけるしかないですね。

でも知識を身につけても閉鎖病棟に入ったらおしまいなのです。何故なら看護人に「あ、こいつ薬飲んでないな」と目を付けられたら服薬後口の中を点検したのちパジャマを探られ(探る方と探られる方の性別は必ずしも一致しない)るからです。
私が入院してた時も精神科医もアキネトン(メジャートランキライザーの副作用止です。これもあんまり良くない薬です)を飲んでも不随意運動が起き面会に来た母が私の姿を見て泣いても現在投薬中の薬をしばらく変えてくれなかったことがあります。セレネース(メチャ多用安定剤?)を毎日のように打ち、何の為に今出されてるメジャートランキライザー飲んでるんだ私元凶の薬を止めればアキネトンもセレネースもいらんだろ!と思いながら何ヶ月も過ごしていました。

安易な入院や投薬は身を滅ぼし家族崩壊にも繋がりますからダメです。
食事で良くなればそれが一番です。

返信する
シア

「むくみ。」
そう簡単に言いますけど、重度のむくみって、脳もむくみます。
頭蓋骨の大きさは決まっていて、伸縮はしません。
だから、重度のむくみを起こすような中毒薬疹の場合は、脳も浮腫を起こして、ダメージを受けるとされます。
でも、このダメージは、可塑的なこともあるそうで、わかってないことが多い。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


画像アップロード(PNG, JPG, JPEG)