「発達障害は一生治らない」と決めつけず、試行錯誤する仲間の交流サイトです。ご自由にご活用ください!

「本編・第6回」 花風社アンチの考察 アーカイブ版 by ブルー

<花風社アンチに関する考察:本編第6回>

前回(第5回)はこちら

仕事のお部屋

前回から、市場の消費者の質の問題を扱っています。前回は「主体性」を扱いました。

今回はこちらです。

■事例⑬「素人集団ダー」&「アサミは編集者に過ぎないじゃないカー」

前者は主に凸凹キッズや自閉っ子の親御さんと、成人当事者に向けられたものです。つまり、「専門職や研究者ではないし、だから何も知らないくせにウルセーバカ」といいたいわけですね。

ここでアンチは、悪口を言おうとして、素朴な前提を使っています。それは「国家資格・専門知識のある人が詳しい・賢い」です。

発達障害に関しては、これが今一つアテにならないことは、花風社クラスタの方は経験で痛感なさっていますね。

そして御存知の通り、クラスタの中には、医療・福祉・心理系や、徒手系の専門職の方もいらっしゃいます。

そういう方々は、御自分の専門分野で扱っている知識と、発達障害に対して必要な知見の、共通点と相違点に関してはよく御理解されているはずです。だから読者になっておられるのですから。

そう、今回のテーマは、市場の消費者の質の中でもダイレクトな話「知的水準」です。

■顧客の知的水準を高く見積もるか低く見積もるか

民間のビジネスの場合、顧客の知的水準をどの層で見積もるかというのが、業種によって、企業によって異なります。

例えば、大手広告代理店(●通)出身のフリーランスのブロガーが、サラリーマン時代に先輩からこんなことを言われた、とTwitterで言っていました。

「広告は偏差値40の人が分かるように作れ。世の中には想像を絶するバカがたくさんいるが、それが世間の『普通の人』だと考えろ」

このツイートは少し炎上しました。私は「分かり切った話」だと思ったので、何も感じませんでした。つまり、自分の仕事は「バカ向けビジネス=知的下位層向け」と自覚しろ、という先輩の指導ですね。

また、大学受験の予備校などは、MARCHや関関同立・・・つまり偏差値60を狙う層が最大のボリュームゾーンである、と勤務経験のある人が語っていたことがあります。つまり、偏差値50~55の層ですね。

正規分布の山の真ん中、「知的中間層」向けの仕事がメインということです。

そして。

出版はどうか。特に花風社はどうか。

花風社の本については、対象顧客は間違いなく、「知的上位層」向けです。

まず、本を読んでいる、買っている、というだけで、現代においてはかなり凄いことだからです。ある国際的学力調査では、「日本人の三分の一は日本語が読めない ※1」という結果が出ていました。

この出版不況の中で、わざわざ書籍を買う層というのは、それだけでかなり凄い層なのです。

かつ、花風社の本は、答えが書いていません。全身のつながりに関する基本原理と、個々人の見立て方が書かれています。つまり取り組みのヒントになる仮説 ※2だけが書かれている。

答えを出すのは各人の試行錯誤に任せることにより、完全個別化を達成しています。

発達障害への取り組みにおいて、最重要の原理の一つが「完全個別化」です。そして書籍で完全個別化を達成するにはこの「花風社方式」しかありません。

だから花風社の本は、治ったり、発達したりと、読者に明るいエピソードが発生するのです。

そしてこういう「答えのない本」を使いこなして結果を出すような層というのは、実はかなり凄い層なのです。

■次回以降へ続きます

アンチは花風社クラスタの知的水準を見誤る・・・というよりは、悪口がいいたいので、とりあえずバカにします。そしてバカにする際に、無意識に「国家資格・専門知識のある人が賢い」という素朴な前提を使います。

ところが、この「国家資格・専門知識」が、こと発達障害に関してはいまひとつアテにならないことも、クラスタの皆様の経験知通りです。

発達障害はまだまだ新しい研究途上の分野であり、かつ学際的分野だからです。

今回はこのへんで。今回の内容は正直、クラスタの皆様には経験知の範疇のもので、新しい情報ではなかったと思います。ただ、この話はもう少し掘り下げると、アンチの行動の本質的理由がだんだんと見えてくるのです。

ですので、今回はこの先の話の前フリとしてどうしても必要なので、書きました。

<参考>

※1
文春オンライン

言ってはいけない!「日本人の3分の1は日本語が読めない」
https://bunshun.jp/articles/-/10714

※2
goo blog 治しやすい所から治す

炎上も発達する その14 (花風社クラスタ限定最終回)
2018-07-11を参照
https://blog.goo.ne.jp/tabby222/e/8306a98284140ba393d899efa04c3361

本編一覧はこちら

「本編・第7回」 花風社アンチの考察 アーカイブ版 by ブルー

<花風社アンチに関する考察:本編第7回> 前回(本編第6回)はこちら 仕事のお部屋 前回扱った、消費者の知的水準に関する問題は、さらに掘り下げることができます。 ・ ■事例⑭:「藁を掴まないでください」&「治るビジネスに …

「本編・第6回」 花風社アンチの考察 アーカイブ版 by ブルー

<花風社アンチに関する考察:本編第6回> 前回(第5回)はこちら 仕事のお部屋 前回から、市場の消費者の質の問題を扱っています。前回は「主体性」を扱いました。 今回はこちらです。 ・ ■事例⑬「素人集団ダー」&「アサミは …

「本編・第5回」 花風社アンチの考察 アーカイブ版 by ブルー

<花風社アンチに関する考察:本編第5回> ■前回はこちら 本編第4回 仕事のお部屋 ずっと続いている市場の話の続きです。 今回からは市場の消費者をもう少し詳しく考えます。 ・ ■事例⑪:「あんなにアサミ社長が口汚いのに、 …

「本編・第4回」 花風社アンチの考察 アーカイブ版 by ブルー

<本編第4回> 前回:本編第3回はこちら 仕事のお部屋 ・ 前回、アンチが花風社クラスタを嫌う理由の奥に「市場の消費者の自由選択」があるという件を扱いました。読者は市場において花風社の本や著者を選び、それがアンチの不評を …

「本編・第3回」 花風社アンチの考察 アーカイブ版 by ブルー

本編第2回はこちら 仕事のお部屋 前回から、市場に関する話題に入っています。市場に関する話題はいろいろあります。もう少し事例を見てみましょう。 ・ ■事例⑤:「炎上商法ダー」 例えば、Twitterで花風社関連の小競り合 …

「本編・第2回」 花風社アンチの考察 アーカイブ版 by ブルー

前回に引き続き、アンチが共通して嫌うもの、の続きです。 本編第1回はこちら 仕事のお部屋 ・ ■事例④「治すなんて差別」「治すと●すの区別がつかない」 アンチ曰く、治すという「思想」は、ありのままでは、治さないままでは人 …

「本編・第1回」 花風社アンチの考察 アーカイブ版 by ブルー

<本編 第1回> ※花風社のアンチに関する記事をあえて仕事のお部屋に置いている理由は、連載を読んでいくと分かりますので御安心ください。 花風社のアンチという人々は、一体何なのか。彼らには共通点があるようです。よくよく見て …

「はじめに」 花風社アンチの考察 アーカイブ版 by ブルー

はじめに、今回の連載で扱う人々に関して述べます。 インターネットで検索するとすぐ出てきますが、アンチというのは嫌いな対象になぜか執着する人々のことです。 花風社が嫌いな人はたくさんいます。考え方が違う人もたくさんいます。 …